正しい立ち方、安定した立ち方と、それを確かめる方法!

正しい立ち方、疲れない立ち方、安定した立ち方、理屈ではいろいろ言われていますが、実際どうしていいかわからないんじゃないかな。

立つことは、人間の基本動作ですが、これがうまくいっていない人が実に多いです。
そのために、腰痛・膝痛・肩こり・神経痛などの整形外科的症状を始め
内科的な病気も引き起こすことがあります。

私は、長年武道とか整体とか自然療法の指導や治療をしていますが、
誰でも簡単に、疲れない、安定した立ち方は取得できるんです。
ではさっそく解説したいと思います。

いきなりですが、米5俵、約300Kgを担ぐ女性の写真が残っています。

出典:(山形・山居倉庫資料館)

これ見て、「昔の女性は相当筋力があったんですね。」
と思うかもしれません。

確かに、こんな思い物を担いでいたら筋力が発達しますよね。

でも、筋力がメインでは、こんな重い物はかつげません。

では、どうしたんでしょう。

実際、誰でも重い物をかつげるからだの使い方があります。

☆安定した立ち方のやり方です

普通に立ってみてください。

次に、ふたりの人に、両肩にそれぞれぶら下がってもらいます。

え~そんなことしたら、崩れてしまうよ!

実際やってみてください。

・・・・やはり崩れましたか!

じゃ~次に、骨盤と背骨はまっすぐにする感じで、
できるだけからだの力を抜いて立ってみてください。

その状態で、また両肩にぶら下がってもらってください。

あれ?今度は、崩れないで立っていられるんじゃないですか。

その姿勢で、片足を上げたりしてみて下さい。

あれ!不思議とできますよね。

今度は、からだのどこでもいいので力を入れてみて下さい。

あららら!簡単に崩れ落ちてしまいましたよね。

脱力して、余計な筋力を使わない方が安定して立っていられるんです。
不思議ですよね。

☆なぜ、脱力した方が安定して立っていられるのか?

実は、脱力して筋力ではなくて、骨格で支えて立つわけなんです。

最初の米俵5俵をかついでいた女性は、主に骨格を使って支えているので、
5俵もかつげたわけです。

普通、私達が立つ場合でも
骨格を主として立てば、
力がかかっても安定して立てます。

正しい立ち方っていうのは、安定して、疲れにくいことだと思いますが、
以上のように、脱力して骨格で立っている状態です。

両肩に人がぶら下がっても崩れ落ちない立ち方が、いい立ち方です。

理屈で立つより、そうやって体感して、良い立ち方を習得してください。

これは、誰でもすぐにできますよ。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク