実体験、奥歯上下左右抜歯後の処置、食事や生活への影響!

歯がそんなに悪いとは思ってこなかったのに、現在、左右の奥歯上下とも失ってしまいました。その後の処置をどうしたか、食事とか生活にどういう影響がでているかを
これから奥歯を抜歯するような方の参考になると思いますので、書きますね。

☆最初に右下奥歯を抜歯したあとの処置

私は今年還暦になるので、歯が減るのもしょうがないかとも思いますが、
奥歯の歯をすべて抜歯せざるを得なくなったのは今年です。

昨年までは、右下の奥歯を10年前に抜歯したのみで、他は大丈夫でした。

10年前、右下奥歯を抜歯したあとは、右の一番奥では噛めなくなりましたが、
体感的には、右下奥歯がないのは意識しないほどで、食事には全く支障はありませんでした。

なので、今まで、何も処置はしませんでした。

☆残りの奥歯を抜歯した原因

右下奥歯を抜歯後、定期的に歯医者に通って歯石取りをしていましたし、
自分では、歯はそんなに悪いとは思っていませんでした。

ところが今年、歯周病が専門の歯医者にかえたところ、「重症の歯周病」が判明。

残っている奥歯(7番、8番)はすべて抜歯が必要との過酷な宣告を受けました。

今までの歯医者では、歯周病の”し”の字も言われず、簡単な歯石取りを定期的に
やっていただけでした。でもその間に、歯周病が進んでいたのでした。

10年前に右した奥歯を抜歯したのも、今考えると歯周病です。
当時も、歯周病の説明はありませんでした。

年取って、徐々に歯が抜けるのは仕方がないと思っていましたが、
いきなり残っている奥歯すべて抜歯とは、ひどすぎると思いました。

「まだ食事を噛むのには支障がないので、抜歯しないで残せないのでしょうか」
とごねてみましたが、

「もうほぼ抜けている状態で、このまま放置しても自然と抜けます」

との説明で、

「このまま残しておくと、他の歯まで歯周病が進んで抜けてしまいます」

って脅かされて、

他の歯を守るためには仕方ないと、残りの奥歯を抜歯しました。
それぞれ親知らずもあったので、合計6本、2か月の間に抜歯しました。

こんな短い期間に6本も歯を失ったことは、超ショックでした。

抜歯は、歯周病が進んでいたので、痛み無く、あっという間に抜けました。

図示すると、下図のように親知らず(8番)と一番奥の歯(7番)が
左右上下ともなくなりました。

☆奥歯4本抜いた俳優

奥歯を無くしたことで思い出すのは、
私も大ファンだった、今は亡き俳優の松田優作さんが、
役作りのために、奥歯4本を抜いて、鬼気迫る演技をしたことでした。

松田優作さんも、奥歯抜いてがんばったのだから、
自分も、奥歯がなくてもがんばろうと思ったのでした。

☆奥歯がなくなった後の処置

(1)親知らずの移植

親知らずを抜歯した奥歯のところに移植する方法があるらしいですが、
私の場合は、親知らずも歯周病でやられていたので無理。

(2)入れ歯

隣の歯に負担がかかるし、手入れもめんどうなので、検討対象外。

(3)インプラント

まず治療費が高いし、治療期間も長期で負担が大きすぎます。また、歯周病が良くなってないと、インプラントも抜ける可能性があるとのことで、これも検討対象外。

(4)何もしない

結局、上下左右の奥歯抜歯後、何もしていません。

☆抜歯後の影響

(1)食事

左右上下、7番、8番の歯がなくても、食事はできます。
硬い豆類、せんべいなんかも食べられます。

歯医者に言わせると、通常食べ物を噛む歯は、主に4、5、6番
なので、7番、8番がなくても大丈夫ということですが、

4、5、6番にかかる負担は確実に増えたのが実感します。
前歯にも、以前より負担がかかっています。
7番、8番がなくなった分、前歯でもカバーしているのでしょうね。

これ以上歯を失うと、食事にも影響がでるぎりぎりの感じです。

残っている歯を大事にしたいですが、それも歯周病に冒されているので、
何年もつかわかりません。

(2)しゃべり

上の7番、8番の歯がないと、しゃべるときに、そこから空気がもれて
ことばが流れて、はっきりしゃべれないことがあります。

慣れてくれば、大丈夫になるのでしょうか?
ちょっと注意してしゃべらないといけなくなりました。

(3)容貌

もともとやせているので、奥歯を抜いたことでも、そんなに大きな変化はありませんが、
これから顎がやせてきたりするのでしょうか?

(4)歯のひっかかり

左上の6番の奥歯が、7番と8番を抜いたことで、頬内側にちょっとひっかかる感じが
あってちょっと不快です。なれてくれば、気にならなくなるのでしょうか?

◎まとめ

7番、8番の奥歯を上下左右全部抜いて、そのままにしても、
生活に大きい影響はありませんでした。

ただし、残った歯への負担が増えます。
少々しゃべりにくさやひっかかり感が残っています。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク