自分で簡単にできる、体の歪みの見つけ方・治し方(骨盤の捻れなど)その1)

 らんざんです。

 「からだが歪んでいる」って感じてても、
 「整体やカイロ治療などを受けないと治せない!」
    と思っているかもしれないけど、

 実は、 軽い歪みなら、自分で見つけて、自分で治せるんだよ。       
   

 本来ヒトのからだには、自分の歪みを治す方法が備わっているよ。

 今回は、その方法を説明するね。    

スポンサー

 からだの歪みを治す自然法則
   

    からだの歪みを治す、 その自然の法則があります。
    その法則を知れば、いくらでも応用が利きます。
   
    テクニックだけの歪みの治し方では、応用が利かないし、
    すぐ忘れちゃうよね。
   
    僕は、からだの歪みを治す自然法則を、
    「操体法」という治療方法の創始者の橋本敬三先生に学んだんだ。
   
    その自然法則は、一言でいうと、
   

「気持ちよい動きをすることで歪みがとれる。」

        
   「え~気持ちよい動きで、歪みが取れるの?」
    と思うかもしれない。
   
    今まで常識だと、歪みがある場合
 やりにくい動きを一生懸命やっていたんじゃないかな。
   

 実は、やりにくい動き、痛い動き、不快な動きは
    からだを壊す方向に作用するんだよ。
   
    「うそかほんとかやってみろ」
   
    橋本先生の口癖でした。
   
   

 さっそく、うそかほんとか、やってみましょう。

まず、立ってみましょう。

    立ったときに、からだで大きく3つの動きができます。
   
    1.左右からだのねじり
    2.左右からだの側屈
    3.前後屈
   
    この3つの動きで、からだの歪みを見つけて修正すれば、
    かなりからだの歪みを自分で治すことができます。

 まず、からだの捻れ、骨盤の捻れなどの治し方です。
   

からだのねじれを見つける方法
   

    ・軽く足を開いて立って
   ・左右にそれぞれからだをゆっくりねじり
    ・ねじりやすい方、ねじりにくい方を覚えておいてください。
    ・からだをねじるとき、ねじる方の片足に体重を乗せた方が
     ねじりやすいと思います。
   

 からだのねじれを治す方法
   

 ・からだをねじりやすかった方だけ、
     ゆっくりと息を吐きながらねじってください。
    ・息を吸いながら、もとに戻って
    ・もう1~2回、同じことを繰り返します。
    ・今度は、最初にねじりにくかった方にからだをねじってみてください

からだのねじり     

  どうですか?
 

「あれ! ねじりやすくなっている」
   
  と感じる人が多いと思うけど・・・
   
   よくわからない場合は、歪みが強いか、からだの内部感覚が鈍いかです。
   
   からだは、やりくにい動きをあえてやらなくても、
 動きやすい動きをすることで、
歪みがとれ、  動きやすくなる仕組みが備わっているですよ。

  日頃、ときどき、左右にからだをねじって、
 やりやすい方を、数回行うと、
ねじれの歪みがとれるよ。

    

   
                        続きます・・

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク