足が太い人の原因は、歩き方にあった!ー足が細くなる歩き方はこうだ!

「今の歩き方では、足が太くなりますよ」

と言われたら、ドキッとしますね。

特に女性の人は、足の太さや、
スタイルを気にかけている方が多いと思いますので。

歩くだけで太くなってしまっては、
困ります。

では、どうして歩くだけで足が太くなってしまうのでしょうか。

それは、足の筋肉をたくさん使う歩き方をしているからです。

歩くときに筋肉を使うのは、当たり前と思うかもしれません。

でも、
使わなくてもいい筋肉、無駄な筋肉を使っているために、
その分、足の筋肉が鍛えられてしまって、
足が太くなってしまうのです。

その歩き方とは・・

実は、普通、皆さんが正しいと思って行っている歩き方です。

「踵から着地して、足先で蹴って歩く」
その歩き方です。

え~どうしてって思いますよね。

理由は、こうです。

踵から着地するというのは、
歩くという動きをいったん止める動作です。
このときに、キュッと力がはいるのが、
太ももの前の筋肉、大腿四頭筋です。

大腿四頭筋は、歩く動きにブレーキをかける筋肉です。

いったんブレーキをかけた動きに逆らって、
からだを前方に運ぶわけなので、
太ももの前にも、後ろにも力がかかります。

なおかつ、足先で蹴る動きがはいると、
すねの筋肉(前脛骨筋)や
ふくらはぎの筋肉(腓腹筋)なども使われます。

つまり、

踵を着くことや足先でける動作は、
よけいな足の筋肉を使うことになるので、
それらの筋肉が鍛えられて、
どんどん足が太くなってくるのです。

歩くという動作は、
踵着地で足先で蹴らなくても
実はできるわけです。

踵着地をして
わざわざブレーキをかけなくても、
スムーズな歩き方ができるのです。

それは、以前記事にした
疲れない歩き方
なので、参考にしてください。

このフラット着地の歩き方だと、
足のよけいな、無駄な筋肉を使わずに歩けるので、
足が太くなることを防げます。

足がスマートになって、スムーズに歩けます。

体感実験ですが、
踵着地で歩くときに、
太ももの前を手指で触って歩いて
太ももの状態を感じてみてください。

次にフラット着地で歩く方法で、
太ももの前を手指で触って歩いてみてください。

踵着地の歩き方の方が、
太ももがとても硬く収縮するのを繰り返すのが
わかると思います。

つまり、太ももの筋肉が歩いているうちに
鍛えられるので、徐々に太くなっていくわけです。

足を太くしたくない方
今日からフラット着地で歩くようにするといいですよ。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク