えっ!こんな簡単なことで、歩くのがとっても楽になる方法?

疲れてくると、からだや足が重くなってきて、
歩くのが嫌になってくることがありますよね。

”そんなとき、一瞬で歩くのが楽になる方法があります”

日頃、どうやったら楽にからだを動かせるかを、いつも考えて試している
還暦過ぎたおじさんです。

これは、自分が歩いているときに、偶然発見した方法です。
是非、試してみて下さい。

但し、その前に準備するものがあります。

「J型の柄の付いた傘」を準備してください。

◎こんな簡単なことで歩くのが楽になる方法

イ.J型の柄のついた傘をたたんで、傘本体部を持ってください。

ロ.傘を持った方の肩に、j型の柄の部分を引っかけるようにしてください。

ハ.傘を斜め前に引っ張るようにして、歩いてみてください。
(傘の柄で肩が前に引っ張られるようになります。)

「あ~ら不思議!」

「スッスッ」って、足取り軽く歩けるようになりませんか?

傘の柄に肩が引っ張られるようになりながら、軽く歩けるようになったと思います。

では、なぜなんでしょう・・・

◎傘の柄を利用したら軽く歩けるようになったわけ

歩くという動作は、からだの重心を前に移動させていく動きです。

だいたいの人は、歩くときに踵の方に重心があって、
足を前に出すことで、その重心を前に動かします。

要するに、足の力を使ってからだを前に運んでいるわけです。

元気なときは、それでもいいのですが・・・

疲れてくると、足の筋肉も疲れて、足の力でからだを前に運ぶのがおっくうになってきます。

さらに、疲れてくると、腰や背中が丸くなってきたりで、重心がよけい後ろに下がります。

そうすると、よけい後ろに下がったからだの重心を、疲れた足の筋肉で前に運ぶのは
たいへんつらくなってきます。

そこで傘です。

傘の柄で肩を前に引っ張ることで、からだの重心が前に移動します。

そうすると、足の力をあまり使わなくても、前に移動することができます。

足の力をあまり使わなくて歩けるので、とても軽く歩けるようになったと感じるわけです。

◎日頃、傘がなくても軽く歩けますよ!

傘を使って軽く歩ける感覚をつかんだら、
日頃、傘を使わなくても軽く歩けるようになれます。

傘の柄で肩が前に引っ張られるイメージで歩けばいいんです。

つまり、上半身を先に動かして、それに足がついていく感じ、
からだの重心を先に前に動かして、それに足がついていく感じ。

そうすれば、足の力はあまり使わず、楽に歩けます。

今まで、足の力で歩くと思い込んでいたyou!

「重心移動で歩く!」

という方法もありますよ。

足の力でしっかり歩きたい方は、今までどおりの歩きでいいと思いますが・・
楽して歩きたい方は、重心移動の歩き方を使ってみてください。

歩き方については、次の関連記事も参考にしてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク