八重歯を抜歯した場合の後悔はあるのか、また抜歯する判断は、抜歯後の穴の処置は?

還暦間近のおじさんです。
このたび50年ぐらい慣れ親しんできた? 八重歯を抜きました。

それで、

八重歯を抜歯した場合の後悔はないか?

八重歯を抜こうか抜くまいか迷っているあなたに、その判断をどうするか?

また、八重歯抜歯後の穴の処置はどうするか?

を体験から記事にしたので参考にしてください。

実際、八重歯を抜いた前と後

八重歯は
さっさと抜いた方がいいとか、
抜かなくてもいいとか、
抜くべきではないとか
色々言われてきて、何と50年も経ってしまいました。

このたび理由があって抜きましたが、
結論からいうと、

さっさと抜いておくべきだったととっても後悔しています

その理由を説明していきますね。

☆八重歯のメリット

八重歯のメリットって、笑顔がかわいいとか、チャームポイントだとか、

何かの調査で、八重歯がかわいすぎる芸能人ランキングは
1位 大島優子
2位 沢尻エリカ
3位 広末涼子

私たちの世代では、小柳ルミ子、後日抜歯していますが・
(ちょっと古すぎますね、最近何とサッカー解説で頑張っています)

でも八重歯、可愛いらしいとされているのは日本だけのようで、
欧米では、さっさと矯正や抜歯をして歯並びをよくするようです。

八重歯って本来の歯の機能は果たしていないので、表情や見かけだけの問題です。

あと、以前歯医者で、
「将来となりの歯を失ったときに、ブリッジをかけるときなどに使われるから残した方がいいかも」と言われたことがありましたが、

隣の歯を失わないようにすることが大事なわけです。

八重歯を残しておくと、隣の歯を失うことにつながりかねません。

八重歯のデメリットは、そのへんのことです。

☆八重歯のデメリット

(1)歯磨きが十分できない

これが最大のデメリットです。

八重歯がじゃまして、隣の歯や、八重歯の裏側など、十分に歯磨きができないので、

歯垢や歯石がたまります。そうなると、

虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります

私も、実はこの歯磨きが十分にできていなくて、歯周病が進んで抜歯することになったわけです。

私の場合、八重歯の裏側からしょっちゅう出血していました。

八重歯の裏って、歯磨きが良くできないから食べかすがたまって、炎症をしょっちゅうおこしていたわけです。

そうなる前に、さっさと八重歯を抜く、あるいは矯正できれば矯正して、きちんと歯をみがける環境にしておく必要があります。

(2)口臭の原因

(1)と関連しますが、八重歯で歯磨きが十分できないと、食べかすがたまったり、歯周病になって、口臭が発生します。人に不快感を与えます。口臭は自分ではなかなか気づかないところがあります。私も口臭で相当不快感を与えていたと思います。どうもすみませんでした。

(3)口の開け閉めのときに引っかかる

笑ったときに、八重歯が出てきますが、笑い終わったときに、八重歯に唇がひっかかり、口がちゃんと閉じないことがたびたびありました。

あと、私は尺八吹きですが、そのときも八重歯がけっこうじゃまになって、思うような唇の形を作れなかったですね。
(さっさと八重歯を抜いていれば、もっと尺八がうまくなっていた?・・)

☆八重歯の隣の歯がまずい状態に!

私の場合、八重歯の隣の歯が歯周ポケットがふかくなっていて、たいへんまずい状態になっていました。

八重歯自体も歯周病が進んでいましたが、隣の歯を救うためにも、八重歯は抜歯した方がいいとのことで、50年間大切にしてきた? 八重歯を抜くことになりました。

☆八重歯を抜くときの痛みは?

八重歯って、前の方の歯なので、けっこう抜くのに痛みがあるのではと覚悟していました。

まず、麻酔。
「チックッ」
音がするわけではないですが、最初の麻酔の注射針、
まあまあ痛かったです。

思わず、顔をしかめて、からだを硬くして、息を止めてしまっていました。

「深呼吸をするようにしてください。」
って歯科医に言われて、呼吸をゆっくり深くするようにしました。

「痛みのコントロールって、呼吸!」

すっかり忘れていました。
私は、いろいろな武道経験で、痛みのコントロールは呼吸ってわかっていたのに、
いざとなると忘れてしまっていたのです。

出産経験のある女性の方、痛みのコントロールは、呼吸法だったよくおわかりだと思います。

痛いときは、呼吸を深くゆっくりするといいですよ!

深呼吸と、あとは麻酔も効いてきたのか、何カ所かに麻酔の注射をしましたが、
その後は痛くありませんでした。

歯周病に冒されていたとはいえ、八重歯(犬歯)の抜歯は
すんなり「スポッ」というわけにはいきませんでした。

5分ほどでしょうか、抜歯するペンチのような器具でぐらぐらと揺らしながら
抜歯しました。

この間は、麻酔が効いて、全く痛みはありません。

50年間慣れ親しんできた八重歯、抜くときはあっという間で、
感慨にふける余裕もなく、抜歯して日にちが経ってもなかなかピントきません。

麻酔が切れて、じわーっと痛みはでてきましたが、

私の場合、痛み止めを飲むほどでなく、

一晩寝たら、じわーっとした痛みもなくなりました。

☆八重歯抜歯の費用は?

私の場合、3割負担で1470円。


そんなに痛くもなく、こんなに安く抜歯できるんだったら、
若いうちに抜いておけばよかった!
と後悔しきりです。

☆八重歯抜歯後の状態は?

ぽっかりと抜歯した穴がありますが、
八重歯の下になっていた両隣の歯の根元が表にでてきて、
これからは、しっかり両隣の歯を磨けそう。

また、食べ物が八重歯と隣の歯に挟まって困っていましたが、
そういうことは、これからは皆無です。

しかし、八重歯を抜いたあとの穴に食べ物がたまります。

でも、ワンタフトブラシという先の尖った歯ブラシで磨けるので大丈夫です。

八重歯があったときは、とにかく八重歯がじゃまして歯の間を磨けなかったのですから。

☆まとめ

八重歯は、隣の歯が虫歯になったり、歯周病になったりと、
まわりの歯を痛めやすいので、

早めに抜歯、あるいは矯正できれば矯正をした方がいいです。

八重歯がチャームポイントになっている女性は、
八重歯を抜歯するとチャームポイントを失うかもしれませんが、
八重歯を残しておくと歯を失うことになりかねないです。

八重歯の抜歯はそんなに痛くないし、たいへんではありません。
費用もそんなにかかりません。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク