座るとお尻が痛くなる原因と、治すための正しいイスの座り方

立っているときは痛くないけど、
イスに座るとお尻が痛くなる方。

原因がよく説明されないし、治す方法もわからないので、困りますよね。

今回は、イスにすわるとお尻が痛くなる原因と治し方を説明します。

イスに座るとお尻が痛くなるのは、

まず、やせてお尻の肉が薄くなって、お尻に負担がかかることがあります。

その場合は、体重を増やしたり、お尻の筋肉をつけることです。

やせてもいないのに、イスに座るとお尻が痛くなるのは、

「イスの座り方が悪い!」

ということです。

でも、背筋を伸ばして、姿勢よく座っているんだけど・・

と言う方がいるかもしれません。

でもでも、この背筋を伸ばした座り方がお尻に良くない!

☆一般的な、正しいいすの座り方

だいたい、次の図のように
あごを引いて背筋を伸ばしてすわる。”
ように書いてありますが、

実際そう座ると、背中や腰がつらくなってきますよね。

また、お尻にもろに体重がかかるので、

長い間そういう座り方をしていると
お尻が痛くなっても当然です

また、この姿勢だと腰の骨が反ります。
腰骨が反ると、脳からつながっている脊髄にも負担がかかりよくありません。

では、どうやって座るかというと、
人の骨格構造に合った、骨に体重をかけて座る方法です。

☆お尻が痛くならない座り方

お尻が痛くならない座り方は、
お尻への体重負担が軽くなる座り方です。

そのためには、体重を腰の骨(腰椎)のお腹側の方(椎骨)にかけます

上体を前の方に倒していって、
腰椎の椎骨部分に体重がかかるような姿勢にします。

同時に、背中や腰の筋肉はできるだけ脱力します。

できるだけ脱力して、骨格で体重を支えているので、
お尻への体重負担が減ります。

理屈はわかっても、なかなか実際は難しいものです。

骨格で座る感じがわかるグッズがあるので、
それを使って感覚をつかむのもいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨盤矯正 クッション[勝野式 座るだけで骨盤キュッとクッション]
価格:4104円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

座るとお尻が痛くなって困っている方、
お尻に負担のかからない座り方も試してみてください。

あと、お尻の痛むところは、圧迫されて血行が悪くなっていますので、
カイロやドライヤー等でよく温めるようにするといいです。
よく動かすようにするのもいいです。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク