正しい座り方が疲れる理由と、疲れにくいホントの正しい座り方は、とっても楽だ!

正しいと言われる座り方をすると、

疲れませんか?

お尻が痛くなったりしませんか?

けっこう疲れると思います。

正しいと言われている座り方って、実は、からだの構造からみると、
すごくからだに負担がかかる座り方なんですよ。

この記事では、
正しい座り方が疲れる理由と、

疲れにくいホントの正しい座り方を解説します。

是非役立てて下さいね。

☆一般的な、正しいいすの座り方

一般的な、正しい座り方っていうのは、

だいたい、次の図のように
あごを引いて背筋を伸ばしてすわる。”

のように書いてありますが、

実際そう座ると、背中や腰がつらくなってきますよね。

また、お尻にもろに体重がかかるので、お尻が痛くなってきたりします。

また、この姿勢だと腰の骨が反ります。

腰骨が反ると、脊髄にも負担がかかりよくありません。

では、どうやったら

疲れにくい、お尻が痛くならない座り方ができるのか?

っていうことですが・・

それは、骨に体重をかけて座る方法です。

☆疲れにくい正しい座り方

疲れる、お尻が痛くなるのは、筋肉でからだを支えて座っているからです。

疲れ肉に、お尻が痛くならない座り方は、

骨でからだを支えて座る座り方です。

そのためには、

背筋をピンと伸ばして座るのではなく、

からだを少し前に倒して、
上半身の体重を、腰骨(腰椎)で支えるようにします。

上体を前の方に倒していって、

腰椎の椎骨部分に体重がかかるような姿勢にします。

同時に、背中や腰の筋肉はできるだけ脱力します。

できるだけ脱力して、骨格で体重を支えているので、

首や肩や背中の筋肉が疲れにくくなります。

お尻も痛くなりません。

理屈はわかっても、なかなか実際は難しいものです。

骨格で座る感じがわかるグッズがあるので、
それを使って感覚をつかむのもいいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨盤矯正 クッション[勝野式 座るだけで骨盤キュッとクッション]
価格:4104円(税込、送料別) (2018/1/11時点)

まとめ

正しい座り方をすると、疲れたり、お尻が痛くなるのは、

背筋をピンと伸ばして筋肉でからだを支えているからです。

上半身の体重を腰骨(腰椎)にかけるように、
からだの前の方に重心を移動させて、
できるだけ脱力して座るようにすると、

疲れにくく、お尻も痛くならない座り方ができます。

とっても楽ちんです。

あなたも、是非疲れにくいホントの正しい座り方を試してみてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク