枝豆をおいしく食べる方法は、ホイル焼きが最高です!

今年から畑を借りて、いろいろな野菜を作っています。

枝豆も栽培していましたが、先日収穫時期になり、うきうきして収穫しました。

というのは、

枝豆は、虫に食われやすいので農薬を使ったりしますが、
ご覧のように寒冷紗と言われるネットをかけて育てたので、
無農薬で、あまり虫にも食われず、初めてにしてはうまく栽培できました。

枝豆って、何といってもビールのお供。

ビール大好きのおじさんにとっては、
この自分で育てた?(枝豆が自分で育ってくれたんだけどね)
無農薬の枝豆。

そして採れたての枝豆って、極上のうまさで、
それをつまみに飲むビールの味は、格別なものではないか、
(今回の主役はビールではなくて枝豆だよ)

という期待があったからでした。

☆枝付きで枝豆をゆでた

収穫した枝豆の葉っぱを取り、枝は残しました。

というのは、
枝豆は収穫しても生きていて、
枝がついていると、枝から豆に栄養がいくらしいからです。

枝付きの枝豆を粗塩でもんで、
熱湯で5分くらいゆでました。

ゆであがりに、また塩を振って
どんだけおいしくできたのか、
期待に胸をふくらませて口にふくみました。

「う~ん、おいしいけど、期待以上ではありません。」
確かに、自家栽培、採りたて、無農薬、枝付きで、
スーパーで買った枝豆よりは格段においしかったですが・・

☆アルミホイルで蒸してみた

先日たまたまテレビの鉄腕ダッシュで、枝豆をアルミホイルで蒸し焼きして
城島クンが大絶賛していたのを思い出しました。

1.さっそく枝豆を枝からもいで、洗って、粗塩でもみました。

2.それをアルミホイルで包んで、フライパンで蒸し焼きにしました。

3,フライパンが熱くなってからは、弱火で5分くらい。

香ばしい香りがただよってきます。

ふたをとって、ホイルを開けてみると、やや枝豆が焦げています。

熱いので箸でつまんで、ふーふーして口に含んでみると・・・

「何これ!!!」

栗のような食感と、栗のようなほくほくした味。

枝豆ってこんな味になるんだ、ってびっくりしました。
そのあと、この蒸した枝豆を食べるのが止まりませんでした。
(そのあと、枝付きでゆでた枝豆、ぜんぜん減りませんでした。)

ビールを飲むのも忘れて、完全に枝豆が主役。

ゆでると、うまみ成分が一部溶け出してしまうようですが、
蒸すと、うまみ成分が閉じ込められて、極上のおいしさになるようです。

これから、「枝豆の食べ方は、蒸すのが主流だね。」

他にも、メリットが。

・蒸すのは、お湯を沸かさないで済む。
・枝豆が旬な夏は暑いから、熱湯を使わないで済むのは助かる。
・5分くらいでできてしまうので、超調理時間の短縮。

スーパーで買った枝豆が、蒸すことでどのくらいおいしくなるかは、
これから検証です。

少なくても、今までようにゆでるよりはおいしいと思いますが・・

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク