ラグビーボールが楕円の理由が豚の膀胱説はウソで、実は意外な理由があった!

ラグビーのボールって、知ってのとおり楕円です。

他の球技が皆球体なのに、ラグビーボールだけ楕円とは不思議ですね。

ラグビーボールが楕円の理由は色々いわれていますが、
本当のところを解き明かしたいと思います。




ラグビーボールが楕円の理由

ラグビーボールが楕円形をしている理由はいろいろいわれてます。

・ボールを手に持ってプレーする上で一番適した形だった

・ゲーム性を高めるためにどこへ転ぶかわからない形にしたかった

・当時は豚や牛の膀胱をふくらませてボールにしていたが、
 それが楕円形だった。

実は、決定的理由はわかりません。

一番知られているのが、

「豚の膀胱説」ですが、

実際に豚の膀胱を膨らませると、
楕円より球体に近いです。

当時豚の膀胱を膨らませたボールがいくつも発見されていて、
多少つぶれていますが、
それらはすべて球体に近いので、
楕円になった理由が「豚の膀胱説」は根拠がうすいです。

出典:https://www.rugbyschool.co.uk/about/history/a-history-of-rugby-football/

始めてラグビーボールを作った人は誰?

初めてラグビーボールを作ったのは、
「リチャード・リンドン」
(1816年6月30日-1887年6月10日)という人です。

元々は革靴などを作る革細工職人で、

たまたま店が、ラグビー校の近くにあったので、
ラグビー校からの依頼でラグビーボールを作っていました。

当時は、豚の膀胱をふくらませて、
その上に皮を縫い合わせてラグビーボールを作りました。

豚の膀胱を膨らませるのは、奥さんの仕事。

奥さんは豚の膀胱を口で膨らませていましたが、
豚の病気が奥さんの口から入り込んで
病気になり、その結果亡くなってしまった。

という悲しい話があります。

その後、このリチャード氏は、
医療用のゴム製の膀胱を膨らませて
ラグビーボールを作るようになります。

それも、写真を見ると今ほど楕円ではありません。

https://en.wikipedia.org/wiki/Richard_Lindon

ラグビーボールが楕円の本当の理由

現在のラグビーボールのように、明確な楕円になった理由は
実は決定的なものはないようですが・・・

実際、楕円になっていることで、
球体のボールと比べて、とても競技が面白くなっているのは確かです。

ラグビーボールが楕円球になった理由は、

・ラグビーが楕円球を使うことで、他の球技との違いを明確に出したかった!

・楕円球を使うことで、人々の興味を引きやすい!

・楕円球が不規則な飛び方、弾み方をするので、プレーが面白くなる!

というようなことが、ラグビーが楕円球になった理由だと思われます。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク