【実践談】血液の染み抜き、台所用の中性洗剤でうまくできた!その方法

頭のケガで出血していて、枕カバーに血液のシミを作ってしまいました。
そのまま洗濯しても、シミが残ってしまいそうな気がして、
染み抜きを自分でやってみようと思いました。

下手にやるとよけいひどくしそうなので、
一応染み抜きサイトを参考にしました。

でも、シミ抜きサイトの情報も
嘘か誠か、実際やってみないとわかりません。

とりあえず、実際に血液の染み抜きを行い、
結果上手くできました。

血液の染み抜きをしたい方、やり方と写真を載せますので
参考にしてみてください。

枕カバーの血液のシミは、こんな感じです。

素人考えだと、汚れってお湯とかで温かい方が溶けやすいから
血液のシミもお湯で、ちゃちゃっともみ洗いすれば
落ちそうな気がしますが、

最大の注意点は、

血液のシミ抜きはお湯はNG

危ないところでした!
給湯器からお湯を出して、もみ洗いするところでした。

血液はタンパク質なのでお湯で洗うと固まります。

ほかにも
牛乳、卵などのシミもタンパク質なので、お湯はNGです。




血液のシミ抜きの方法

1)シミがついてる場所の裏側にタオルを当てる

これに、シミ落としの溶液をしみこませて、
外に広がらないようにするためです。

2)シミ落とし用の溶液を作る

血液のシミ落とし用の水溶液は、

台所の中性洗剤を薄めたものでOK。

今回容器がたまたまなくて、

ラップを何重かに折り重ねて、
その上に中性洗剤を適当に出して、
水で適当に薄めました。

3)歯ブラシでこする

中性洗剤を薄めた溶液を歯ブラシにつけて
歯のブラッシングの要領で、
シミを小刻みにこすりました。

4)結果

歯ブラシでこすると、
みるみる血液のシミは落ちて、数分後には、かなり薄くなり。

さらに数分後には、ほぼわからないくらいになりました。

水ですすいで、きれいになりました。

5)洗濯機で普通に洗濯

よ~く見ると、シミがついていた場所がわかったので
洗濯機で普通に洗濯し、完全にきれいになりました。

まとめ

血液のシミは水溶性なので、水と中性洗剤で落ちるようです。

注意点は、お湯を使ってしまうと、
血液はタンパク質なので固まって落ちなくなってしまうこと。

あと、今回血液のシミができて割とすぐシミ落としをしたので上手くいったと思いますが、

時間が経つと、血液のタンパク質が化学反応で硬くなり、
どんどん落ちにくくなるので注意です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク