アトピーに糖質制限は有効!?/糖質制限でアトピーが悪化した例

アトピー性皮膚炎で困っている人、たくさんいると思います。

一般的にはステロイド剤の治療で、
見かけは一時的に良くなってもやめると再発したり、
ステロイド剤が効かなくなってどんどん強くなっている方
いるんじゃないでしょうか。

ステロイド剤は、症状を抑えるだけなので、
アトピーを引き起こす体質を変えないと良くならないようです。

でも、アトピーの体質を変えるって、どうすればいいの?
実際のところよくわかっていません。

最近糖質制限が大はやりですが、
アトピーを始めとしたアレルギーの病気にもこの糖質制限が効くって
あるクリニックのお医者さんが唱えています。

☆アトピー等のアレルギーには糖質制限が効果的な理由

アレルギー疾患に糖質制限が効く理屈はこうです。

砂糖をはじめとした糖分や
お米・パン・麺類などの炭水化物も糖分になりますが、
それらは糖質と呼ばれています。

この糖質を取り過ぎると、血糖値が急上昇します。

血糖値を下げるためにインスリンが過剰に分泌される。

血糖値が急激に下がる。

血糖値の下がりすぎは危険なので、逆に血糖値を上げるホルモン
コルチゾールやアドレナリンが過剰に分泌される。

コルチゾールは、からだから分泌されるステロイドホルモンで、
アレルギーを抑える作用がある。

糖質を摂りすぎていると、コルチゾール分泌の指令が頻繁に出され、
いずれは不足してくる。

コルチゾールの分泌が減ると、アレルギーを抑える作用も減ってくるの

アトピーのようなアレルギー疾患はなかなか良くならない。

◎糖質を制限すると、血糖値の急上昇が押さえられ、コルチゾールが不足することが
 なくなるので、アレルギーが抑えられ、アレルギー疾患が良くなるという理論。

実際に、糖質制限でアトピー等のアレルギーが良くなった話は、見聞きしますが・・
今回、糖質制限でアトピーが悪化した方の話を聞きました。

☆糖質制限でアトピーが悪化した方

この方は、現在50歳の女性。

特に顔や首がただれてじゅくじゅくになり、皮膚はしわしわ
かわいそうなくらい、アトピーがひどくなっていました。

この方の経過は、
20歳ごろから化粧かぶれをきっかけにアトピーになり、
長年ステロイド剤を使っていました。

しかし、ステロイド剤も効きが悪くなり、限界を感じて40歳ごろやめて、
ナローバンド(紫外線)治療、レーザー治療などを試しましたが、
ぱっとせず。

最近かかり始めた皮膚科の先生に、
糖質制限を勧められて、甘いもの、ご飯、パンなどの炭水化物を止めました。

半年くらい続けて、体重が43kgから40kgに減りました。

そうしたところ、もともと冷え性ですが
それがさらにひどくなり、
クーラーが効いた部屋では芯まで冷えて、じっとしていることができなくなった
といいます。

同時に、アトピーもどんどんひどくなって、
顔や首からじゅくじゅくと浸出液があふれてきたと。

現在かかっている皮膚科で、
「じゅくじゅくしているのは、水分が多いせいだ」と言われて
水分制限も勧められて実行したら、
体重が40kgを切るようになってしまったと。

なんともかわいそうな方です。

☆アトピーでやせている人の極端な糖質制限は良くないのではないか

糖質制限をすると、ほとんどの人は体重が減ってくるので、
太っている人はいいと思いますが、
やせている人には、体重・体力・筋力が落ちて、自分で発熱する能力が落ちて、
冷えが強くなります。

冷えが強くなれば、血行が悪くなり、
皮膚の新陳代謝が悪くなり、
皮膚の炎症はなかなか治まらなくなり、
アトピーが悪化してもおかしくはありません。

◎極端な糖質制限で、
 アトピーのような症状が悪化したり、体調が悪くなる場合は、
 無理に糖質制限をしない方が良いのではないかと思いました。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク