「糖質オフ」な「ぶり大根」の作り方、砂糖もみりんも使わないレシピ

趣味やその他
スポンサーリンク

冬が旬のぶりと大根を使った「ぶり大根」はたいへんおいしいです。しかも栄養価が
高いので積極的に食べたい料理ですが、糖質を気にしている方は、ちょっと
ためらいがあるかもしれません。
そこで糖質オフで作れるぶり大根のレシピを紹介します。

スポンサーリンク

ぶり大根に含まれる糖質は?

まず、ぶり大根に含まれる糖質ですが・・・

 

ぶりに含まれる糖質は、100gあたり0.3g
大根に含まれる糖質は、100gあたり2.8gと、

 

糖質はとても少ないので、糖質制限している方に
適している料理です。

 

しかし・・・

 

ぶり大根の味付けに使われる「砂糖」と「みりん」は糖分のかたまり。

 

そこで砂糖もみりんも使わないぶり大根のレシピを紹介します。

糖質オフのぶり大根のレシピ

これは、料理研究家の浜内千波先生が紹介のレシピです。
浜内千波先生は、素材を生かして余計な調味料を使わないレシピを
多数考案されてる先生です。

 

私も浜内先生の料理本は何冊かもっていて、
素材の味を生かした美味しい料理作りにたいへん参考にしています。

「糖質オフのぶり大根の作り方」(2人分)
<材料>:ぶり(切り身)2切れ 
       大根おろし300g 
       大根のおろし汁
           刻んだ大根の葉適宜 
           生姜のおろし小1かけ(生姜のおろし汁にする)

<調味料>:しょうゆ大1と1/2

<作り方>
1.フライパンに大根おろしのしぼり汁を入れ煮立たせる

2.一煮立ちしたらしょうゆを加え、ぶりの切身を入れる

3.あくをとりながら中火強で煮汁が少なくなるまで煮る

4.汁が少なくなったら生姜をおろしたおろし汁を入れ火を止める

5.ぶりをお皿に盛り付け、大根おろしと大根の葉を混ぜ合わせたものをのせる

6.上から煮汁をかけたら完成

 

大根をおろして使うので、大根を食べたい方には物足りないかもしれませんが、
冬大根の大根おろしの絞り汁はうま味アップに効果的です。

 

ぶりに大根おろしと大根の葉を混ぜたものも、とても合います。

甘味がどうしても欲しい方には・・

調味料が醤油だけだと、物足りない・・・
やはり甘味が欲しい・・

でも糖質が気になる・・・

という場合は、

カロリーゼロ、糖質糖類ゼロ、厚生労働省も認める甘味料があります。

「エリスリトール」という甘味料があります。

フランス産 エリスリトール 950g 遺伝子組替え原料不使用品 【送料無料】【ゆうメールで郵便ポストにお届け】【代引不可】【時間指定不可】 カロリーゼロ 希少糖 糖質制限 天然甘味料 [01] NICHIGA(ニチガ)

価格:879円
(2020/1/6 19:19時点)
感想(1093件)

 

あの”シリコンバレー式最強の食事”の書籍でも推奨されてました。

この甘味料を使ってぶり大根を作れば、
甘味はあるけれど、糖質オフのぶり大根ができます。

ぶり大根はカロリーが高いので注意

糖質をオフにしてもぶり大根のぶりは脂質が多く、
カロリーが高めなので注意が必要です。

ぶり100gあたり、脂質は約17g
カロリーにすると約275kcal

ごはんは100gあたり約168kcalなので
結構カロリーが高めです。

 

ただ、ぶりの魚の脂質は不飽和脂肪酸
血液中の脂肪を減らしコレステロールを下げる作用もあるので、
良い面もあるわけです。

 

要は食べ過ぎてカロリーオーバーにならなければいいわけです。

まとめ

冬が旬のぶり大根。
糖質オフでも調理できるので、
糖質を気にしている方も味わうことができます。

脂ののったぶりは美味で、
大根には消化を助ける分解酵素の「ジアスターゼ」も含まれていて、
つい食べ過ぎてしまいそうですが、

ぶりはカロリーが高めなので、
カロリーを気にしている方は、食べ過ぎに注意しましょう。

趣味やその他
スポンサーリンク
ranzanstをフォローする
笛吹きおじさんの、中高年が健康で快適に生きるための情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました