今まで言われていない、肩こりや首こりを治す良い座り方

自宅でも、会社でも、パソコン操作や事務作業などで、
イスにすわって作業することが多いと思います。
特に女性では、長時間の座り作業で、肩こりに悩んでいる人多いでしょう。

健康本やネットサイトに、座るときの正しい姿勢が解説されていますが、
実際にその姿勢を試しても、肩がこるし、疲れるし、ちょっと違うと思っいます。

今回は、今まで言われていない、簡単にできて、肩が凝らない、疲れない座り方を解説します。

スポンサー

1.悪い座り方

これは、論外の姿勢だけど、腰や背中を丸めて座ることです。

この姿勢は、重い頭が前に出るので、
それを支えるのに首や背中の筋肉がいつも緊張状態です。

背中や腰も、丸くなっているので、筋肉がいつも引っ張られているから
それでも緊張が強くなります。

この状態で背筋を伸ばしても、すぐ疲れてまた背中や腰が丸くなってしまいます。

原因は、骨盤が後傾(後ろに倒れている)しているせいです。
骨盤を立てないと、背筋をまっすぐに保てません。

良い座り姿勢を保つには、まず骨盤を立てることです。

2.従来言われている、良い姿勢の座り方

骨盤を立てて、背筋をまっすぐにして、あごを引いて座る。

これが、疲れない良い姿勢って、よく説明していますよね。

でも、、、、、私は、ちょっと違うんじゃないかなって思っています。

この姿勢を実際やってみると、肩から背中の筋肉が緊張しているのがわかります。

長くやっていると、やっぱり首や肩が凝ってきます。

背筋をまっすぐして座るために、そのための筋肉を使っているので
それで緊張して疲れてきます。

スポンサーリンク

3.疲れない、ほんとうに良い座り方

じゃーどう座るのが良いかとうと、

上の図です。

骨盤を立てるのだけれど、もう少し骨盤を前に傾ける。
骨盤を立てて、もう少しおへそを前に出す感じです。

背骨も少し、前に倒す感じ。

あんまり倒すと、首や肩が緊張してきます。

首や肩が一番緊張しない、力が抜ける角度を自分で探してみてください。

そのポジションが、首や肩や背中の筋肉の力が一番抜けた状態です。

筋肉はあまり使わないで、
骨盤と背骨と、頭の重さのバランスで上体を支えている感じです。

その姿勢で座って作業するのが、肩が凝らず、疲れにくい姿勢です。

首や背中の筋肉の緊張がとれているのを確認するために、
その姿勢で、うしろを振り返る動きをしてみるといいです。

よーくうしろを振り返れるはずです。

今まで正しいと言われていた座り姿勢
背骨をまっすぐにした姿勢でも、うしろを振りかえってみてください。

あんまり上体が回らないと思います。

肩や背中の筋肉が緊張して、からだをねじるのをじゃましている証拠です。

◎まとめ

肩こりを予防し、疲れない座り方は、背筋をまっすぐではなくて、
骨盤や上体をやや前傾して、自分で一番、肩や背中の緊張がとれる
ポジションです。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク