キーボードで、肩こりや腱鞘炎を予防する、手の使い方


パソコン作業でのキーボードを打つ場合、長時間使っていると、

「肩がこる」「手指や手首が疲れる」「腱鞘炎になった」など、困っている人は大勢いると

思います。

実は、そうならないようにする予防する方法があるんです!

それは、
腕を正しいポジションにして、手指を使うことなんです。

ほとんどの人は、人間の本来の腕の正しいポジションで手指を使っていません。

だから、手指に負担がかかるんです!!

肩がこるんです!

腱鞘炎にもなります!

今回は、正しい骨格ポジションで手指を使ったキーボードの打ち方を解説します。

腕の正しいポジションとは?

キーボードを打つとき、下の絵のように(下手ですみません)肘を横に張って、
打っていることが多いと思います。

そうすると、腕の重さを支えるために、肩に力が入ります。

そのまま長時間作業すると、当然肩の筋肉が疲れて凝ってきますよね。

また、肘を横に張っていると、

手首のところで腕から手指につながっている腱が曲げられます。

そうすると、腱の動きが悪くなり、手指の動きも悪くなります。
腱にも負担がかかります。

手指に負担がかからない、腕の正しいポジションがあります。

それは、

肘の頭がからだの下を向いていること

力こぶを作る上腕二頭筋が正面を向いていること。

この姿勢で、手の平を上にします

小指側を支点にして手の平を内側に倒します。

そうすると、腕から手指の腱がまっすぐになり、
とても手指が動かしやすくなります。

実際に比べてみてください。

☆肘を横に張ったときの、手指の動きと

☆正しい腕のポジションを取ったときの、手指の動き。

全然手指の動きの軽さが違うと思います。

腕を正しいポジションにして、キーボードを打てば、

肩もこらず、

腱鞘炎にもならず、

手指の動きもスムーズで作業がはかどります。

この腕の正しいポジションでの手指の使い方は、日常生活に応用できます。

おそうじや、料理、字を書いたり、ピアノとかの楽器演奏とかでも、手指の動きが軽くなって、疲れずに効率的に作業ができますよ!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク