運動会、親のケガ予防と速く走るコツ(その1)

子供の学校の運動会、地域の運動会などで
子供だけではなく、
親も参加しなければならないことがありますよね。

親にとっては
がんばって格好いいところを見せたいですが、
その前に、
普段運動不足の親にとっては、
ケガをしないようにすることが大切ですね。

子供の運動会に参加して、
転倒して、膝をすりむくくらいならいいんですが、
ねんざや肉離れ、アキレス腱断裂なんてしたらたいへんです。

昔は問題なく走れていたのに、
大人になって急に走ると、
すぐ疲れて走れないだけでなく、
バランスをくずしたり、
足がもつれて転びやすくなってたりしてますよね。

大人になってうまく走れなくなる原因

これは、大きく2つあります。

Ⅰ.筋力低下
 まず、これは誰でもわかりますが、
 走る場合、足の筋肉だけでなく、
 体幹部の筋力も衰えているので、
 からだのバランスをとって走ることが
 難しくなります。

Ⅱ.運動神経の衰え
 大人になって、筋肉を動かす神経がよく使われていないと、
 筋肉を動かす場合、思ったようにすぐ筋肉が動いてくれません。
 頭のなかのイメージと、実際のからだの動きが
 全然違ってきます。

運動会のケガ予防で始めること

①筋力アップと運動神経機能アップ

 筋力と運動神経は、鍛えるしかないので、
 運動会前に、できるだけ早い時期から始めましょう。

 特に普段何も運動してない人は、
 ウォーキングから始めて、
 徐々に距離を伸ばして、徐々に歩く速度を速くしてください。

 決して、決してですよ、最初から走ったり、
 筋トレやストレッチなどはやらないでください。
 筋トレ、ストレッチの段階で、すでに筋肉を痛める人が必ずいます。

 まず、毎日欠かさず、歩くことから始めましょう。

 運動会でケガしないために、歩き方にも秘訣があります。

                     次回に続きます・・・

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク