ワラビのあく抜き、小麦粉で実際にやってみた結果は、う~ん??

知人に、ワラビを大量にもらいました。
山菜はとっても好きですが、自分ではどうやって扱ったらいいのか
やったことがないのでまったくわかりません。

ワラビはあく抜きしないといけないのだろうな、
ということは何となくわかっていましたが、
ワラビのあく抜き、どうやったらいいの?

今は、ネットという便利なものがあるので、
ワラビのあく抜きを調べて見ました。

一般的には重曹を使うようですが、一晩もかかるようだし、
何か面倒そう。

そしたら、小麦粉を使って、簡単に短時間にできるという情報があり、
さっそく試してみました。

1.小麦粉を使った、ワラビのあく抜き

材料は、

ワラビ 200g
水   1.5L
小麦粉 大さじ6杯
塩   小さじ2杯

(1)水を沸騰させて、小麦粉と塩を投入

熱湯の方が小麦粉が溶けやすいかと思ったのが失敗でした。

小麦粉がダマになってなかなか溶けません。

ダマを溶かすので、とっても時間がかかって、
もうここですでに、小麦粉を使ったワラビのあく抜き、簡単ではありません。

水から小麦粉を溶かしても、やはりダマになりやすくて
簡単には溶かせないのは、たこ焼きの汁を作るときに経験済みです。

(2)ワラビ投入

小麦粉のダマを何とか溶かして、ワラビを投入。
約4分間ゆでました。

(3)流水で冷やし、水にさらす

ゆでたワラビをざるにあげ、流水で冷やして、

10分間位氷水にさらしました。

(4)結果

小麦粉がワラビのあくを、短時間で効率よく吸収してくれるらしいこの技。

水にさらしたワラビを食べてみました。

う~ん、うまい。

あくも抜けている・・・・とかんでしたら・・

あれ・・う~ん苦い、えぐい。

多少あくは抜けているのかもしれませんが、
あくは残っているじゃないですか。

仕方がないので、ずっと水につけておきました。

翌日、食べてみましたが、まだえぐみが残っています。

翌々日、えぐみは減っている感じですが、まだ残っています。

翌々翌日も、えぐみは残っていましたが、すべて食べきりました。

私の結論:ワラビの小麦粉でのあく抜き、小麦粉を溶かすのに時間はかかるし、
     あくもうまく抜けないので、あまりおすすめしません。

2.重曹を使ったあく抜き

後日、オーソドックスな重曹を使ったワラビのあく抜きをしてみました。

(1)水を沸騰させる

(2)重曹を小さじ1杯投入(すぐ溶ける)

(3)ワラビ投入、3分ぐらいゆでる。

(4)火を止めて、一晩放置。

翌日食べてみたところ、ほとんどえぐみはとれてて
とってもおいしいではないですか。

水につけておく必要もなし。

水から上げて、切って保存して、
毎日おいしく食べています。

私の結論:ワラビのあく抜き、重曹を使うと、一晩放置時間はかかりますが、
     とても簡単で、あくも抜けます。
     重曹がないからといって、小麦粉で代用するより
     重曹を入手して重曹でのあく抜きをした方が断然いいと思います。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク