紫外線が強いのは何月から何月?ピークの月や時間帯は?意外だった!

紫外線の強くなる季節。
肌への影響は、心配です。

ところで、紫外線って、実際はいつ頃(何月から何月頃間)が強いのか?
紫外線が一番強い月や時間帯っていつなのか、ってふと思いました。

そこで、データによって調べてみました。

紫外線が強いときを知っておくことで、よりスキンケアがうまくできると思います。




■紫外線が強いのは何月から何月まで

紫外線の強さはもちろん、住んでいる地域や季節によって違ってきます。

例えば北海道と沖縄では紫外線量に2倍の差があると言われていますが、
四季がある日本では、紫外線が強くなる月はどこでも同じような傾向が
あると思います

次は気象庁の調査による東京のデータです。

紫外線は一年中降り注いでいますが、
紫外線が強いのは4月から9月ですね。

< 気象庁HPより引用>

紫外線量は7月がピークになっています。

でも、実際に身体に受ける紫外線量のピーク月は違うんですね・・

それはどうしてでしょうか?

■紫外線がピークになるのは何月?

紫外線がピークになるのは
天文学的には、太陽が地球の最も真上にくる「夏至」のころ

夏至は例年6月21日〜6月22日です。

なので、6月末~7月が紫外線のピークではあります・・

ところが、この時期は「梅雨」時期なので、

くもりや雨の天気が多く、

太陽から降り注ぐ紫外線は一番強いものの
地上に届く量は少なくなります。

では、真夏の太陽がギラギラの8月が紫外線のピークかと思いますが、

実は5月が紫外線量がピークです。

なぜなら、5月は日照時間が多いからです。

次は、東京の日照時間のデータです。

5月が日照時間が多いですね。

風薫るさわやかな5月が、実は紫外線量がピークなんですね。

紫外線対策は夏と思っていたかもしれませんが、

意外や意外、

5月にはしっかり紫外線対策をしておく必があります。

■紫外線が強い時間帯

では、紫外線が強くなる時間帯はいつでしょうか?

これは、太陽が空の真上の方にきて、
光線が大気を通り抜ける距離が短くなる時間帯ですね。

次は、気象庁の1日の紫外線量のデータです。

紫外線が強くなる時間帯は、9時~16時の間、
        ピークは11時~14時なので、

この時間帯は、できるだけ外出を控えた方がいいですね。

■紫外線対策の洋服

紫外線対策には、帽子・サングラス・日傘・日焼け止めクリームなどがありますが、

○洋服の素材としては、

「麻・綿・レーヨン」より「ポリエステル・ウール」が紫外線を通しにくいです。

○洋服の色としては

白やピンクなどの淡い色よりも、
黒や赤のような濃い色が紫外線を通しにくいです。

○洋服の生地の厚さ・編み方

洋服の生地は厚く・編み目は細かいほど、紫外線を通しにくいです。

「紫外線対策のベストの服は
ポリエステルやウール素材で黒色で、編み目の細かい、厚地の服」
ということになりますが、ちょっと暑そうです。

○日焼け止めの注意点

紫外線が強い時期は、日焼け止めが必需品になりますが、
日焼け止めで紫外線吸収剤を使っているものは、
肌荒れを起こす可能性があるので注意が必要です。

これについては、別記事を参考にしてください。

■日々の紫外線情報

今日・明日の自分の住んでいる地域の紫外線量の予測は、

気象庁の紫外線情報で見られるので、

それによって、行動パターンや洋服、紫外線グッズの利用を決められると
いいと思います。

■まとめ

◎紫外線が強くなるのは、4月~9月。
◎意外にも5月は紫外線量がピークになるので、注意が必要。
◎紫外線がピークの時間帯は、11時~14時。
 この時間帯の外出は、注意。

早めの紫外線対策で、お肌の老化を防いでくださいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク