年齢で使う「歳」と「才」はこんなにも違う!どっちを使えばいいのか、その使い分け

年齢を書くときに、「○歳」と書くか、「○才」と書くか、
迷うことがありますよね。

「歳」は画数が多いので、手書きだと、
「才」と書くことが多いです。

でも今は、パソコンやスマホで簡単に漢字が入るので、
どちらでも選択できると思いますが、

「歳」と「才」の使い分けがあるのなら、
正しく知って使い分けた方がいいですよね。

私は、才は歳の単に略字かと思っていましたが・・

「歳」と「才」の違いや使い分けについて
本当のところを調べましたので、解説します。




「歳」と「才」の意味と違い

「歳」の意味

「歳」を含む熟語は、

「歳月、歳末、お歳暮、歳時記、千歳飴」などがありますが、

(ちなみに、千歳飴の千歳は1000年の意味です)

歳の意味は、

時の単位・多くの歳月・年齢・季節等です。

歳の字の成り立ちを調べると

「左右の足跡」と「斧」の象形文字で、
歩いて斧でいけにえをとらえて、

1年ごとに祭る儀式を意味することから、
年月を意味する「歳」という漢字が成り立ったようです。

「歳」の漢字は、毎年のいけにえを祭る儀式からきていたんですね。

「才」の意味

「才」を含む熟語をみると

「天才、秀才、商才、才能」などがあります。

才の漢字の成り立ちは
「川の氾濫をせきとめるための良質の木」の
象形文字から成り立ちました。

「もともと備わっている良い性質」を意味しています。

つまり「才」の意味は、

生まれつき持っている能力や性能や働きで、

実は、年齢という意味は全くありません

「才」は「歳」の略語でもありませんでした。
成り立ちが全く違いました。

「歳」と「才」の使い分けは

ということで、
才には年齢の意味はないので、
年齢を表す「○○さい」のさいは、「歳」が正しいです。

ただ、歳は画数が多いので、
才の漢字を代用しているわけです。

ではなぜ、歳の変わりに才が使われるようになったかというと、
それはよくわかってないようです。

どちらも「さい」と読むし、
「才」は画数が少ないので、手早く書くには重宝したので、
使われるようになったのではないかと思います。

すでに世間で広く使われているので
「才」と書いても間違いではないでしょうが、
本当のところは「歳」が正しいわけです。

近しい人への手紙やメールでは「才」でもいいでしょが、

・目上の人への手紙
・公文書
・履歴書 など

正式な文書では「歳」を使った方がいいすね。

あとがき

パソコンやスマホを使っていると、
「歳」の字が書けなくなるかもしれません。

歳を手書きする場面が来るかもしれないので、

「歳」の手書きを練習しておいた方がいいですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク