定期的な歯科通院でも悪化していた歯周病が、約1年の治療で改善した!その方法と費用は。

10年以上、定期的に歯医者でケアをしていたのにもかかわらず、実は歯周病がどんどん悪化していて、重症の歯周病になっていました。
運良く、正しい歯周病治療ができる歯科医と巡り会い、約1年の治療で、残念ながら抜歯せざる得ない歯があったものの、全体としては、歯周病はとても良くなりました。
日本人成人の8割は、歯周病に感染していると言われています。歯周病は知らない間に進行していて、気づいたときには重症になっていることがあります。また、日本では、歯周病に対して有効な治療が出来る歯科医がたいへん少ないのが現状です。
歯を失う原因のトップは、歯周病です。入れ歯やインプラントにしなくてもいいように、歯周病の正しい治療方法や費用などを、実体験から解説しますので、是非参考にされてください。

スポンサー

1.10年以上歯科での定期ケアをしていたのに悪化しているデータ

10年くらい前に、歯科で歯周ポケットや出血具合を検査したデータです。

5カ所歯周ポケットが5mmのところがあり、他は3mm~4mm。
この頃は、歯周病に対しての知識が乏しく、この状態がどの程度の状態なのかもわかっていませんでした。また、歯科医からも全く説明がなく、「歯周病」という病名さえも聞かされませんでした。

今振り返ってみると、すでに立派な歯周病で、5mmのところは中程度、3~4mmのところは、軽度歯周病です。

この時点で、正しい歯周病の治療を行っていれば、重症の歯周病になることはなかったのです。

この時点で正しい歯周病の治療ができる歯科医に巡り会っていれば・・
とホントに悔やまれます。

何の説明もないまま、年に2回の通院で、一般的な歯石取りのケアだけを続けていました。

しかし、歯周病はどんどん悪化していたんですね。

毎回歯周ポケットは深くなり、出血箇所が増えていました。
口臭もひどくなっていました。

歯科医に症状を訴えても、一般的な「歯石取りを続けましょう。」しか治療はありませんでした。

10年後に、今かかっている歯科を受診したときには、次のような悲惨な結果に!


重度歯周病と言われる歯周ポケット6mm以上の歯が10本以上。
ひどいところは10~11mm。
残りの歯も中程度の歯周病。

どうしてこんなになるまでほおっておいたんだ!
って、他の病気だったら、怒られますよね。

でも歯周病に関しては、悪化しているのに正しい治療ができる歯科医がきわめて少ない。

私も、今まで3軒の歯科医で診てもらっていますが、どの歯科でも歯周病の話や的確な治療の話はありませんでした。

現在かかっている歯科で、初めて歯周病の話を詳しく聞いて、私のように、歯科にかかっていても、歯周病が悪化させられている例がたいへん多いことを指摘していました。

なので、まず自分が歯周病でないか、歯周病の程度はどの程度か認識することが大切です。

2.重度歯周病を改善させた治療方法とは?

歯周病治療の基本は、歯石とプラークの除去です。
そんなことは、わかっていると思われるかもしれませんが、
それを徹底して行うことなんです。

(1)スケーリング

これは通常一般的な歯科で行われている、目に見えるところの歯石やプラークの除去です。

(2)ルートプレーニング

これが、あまり知られていないことです。
歯周ポケットが深くなると、歯茎の中まで歯石やプラークがくっつきます。
これを除去して、痛んだ歯茎も切除したりします。

これをやらないと、みえるところだけの歯石やプラークの除去だけでは
歯周病が進行してしまいます。

これは麻酔をかけて行います。

私の場合は中から重症の歯周病なので、全部の歯がこの治療の対象でした。
6ブロックに分けて、全部の歯について行いました

歯茎に隠れて中を見ることができないので、
歯科衛生士が、勘で、歯茎の中の歯石やプラークを器具でガリガリ削っていました。

これをやって、歯周病でやられた歯や歯茎をきれいにしないと、歯周ポケットは回復しません。

歯周ポケットが深いところの歯石は、非常にがっちりとくっついています。
レーザーや薬剤での治療方法も宣伝されていますが、
これは物理的に削るしか、きれいにできないと思います。

麻酔をかけての、歯茎の中の歯石、プラークの除去は、技術と経験が必要なので、
これができる歯科医を探すしかありません。

この治療を受けたあとの結果が次のデータです。

重度歯周病の歯10本が8本に減。
中程度歯周病の歯16本が、初期歯周病に改善。

ここまでの治療期間3か月ほど。
費用は、保険適応で、29本の歯トータルで15000円ほど。
ルートプレーニングを行う歯の本数で変わってくると思います。

(3)抜歯

ここで残念なことに、超重症の歯周病の歯は、歯槽骨がほぼ溶けていて回復の見込みはないこと。他の歯への歯周病菌の感染リスクを軽減するために、抜歯することになりました。

親知らずと一番奥の歯の計6本、八重歯1本を抜歯しました。

ほんとは抜きたくなかったのですが、上記理由から仕方ありません。

早い段階で、正しい歯周病の治療を受けていれば、こんなことにはなりません。

(4)手術

ルートプレーニングでも改善が乏しい場合は、手術です。

手術とは歯茎をべろんと切開して、歯の根本までむき出しにして
歯の根本まで歯石やプラークを除去することと、
歯茎の不良部分を切開して、再生を促進させるという

ちょっと怖い感じの手術です。

歯周病がひどいところは、ここまでしないと改善できません。
歯を残すための、歯周病治療の最終手段です。

私の場合は、12カ所、3回に分けてこの手術を行いました。
費用は、保険適応で、合計25000円ほど。

手術あと、しばらく痛くて、よく食べられなかったり
ちょっとたいへんでしたが、歯を一本でも多く残すためには必要な処置です。

手術の詳しい様子は、次の記事を参考にしてください。

(5)手術後の結果

手術後の結果が次のデータです。


治療期間、トータルで約1年かかりました。

ひどいところは抜いてしまったので、
残った歯の歯周ポケットは、
一カ所4mmですが、あとはすべて3mmとすばらしい改善具合です。

10年間、悪化し続けた歯周病が、
1年の治療で、正常に近いほど改善しました。

先生には、ほんとうに感謝、感謝です。

歯を磨くと必ず出血していましたが、今は全く出血しません。
口臭もひどかったのですが、治りました。

一番奥の歯は、残念ながらすべて抜いてしまいましたが、
慣れれば、不自由は感じません。

残った歯を大事にして、将来入れ歯やインプラントにならないようにしたいと思います。

(6)自分でのブラッシングも大事

歯周病治療は、正しい治療を受けることが必要ですが、最初に自分での正しいブラッシングも必要だと言われました。

私の場合は、1日1時間はブラッシングが必要と言われ、
早起きして、今も続けています。

◎まとめ

私の重症歯周病が、約1年の適切な治療方法で、劇的に改善しました。

現在歯周病でお困りの方、是非参考にしてください。

歯科に通院していても改善が見られない場合、
すぐに、私が受けた治療を受けられる歯科を探して、
適切な治療を受けられてください。

それができないと、私のように重症化して、大事な歯を失うことになります。

それと、自分でできることは、正しいブラッシング。

私も、再び悪化しないように、頑張りたいと思います。

ちなみに、私が通っている正しい歯周病治療ができる歯科は、

埼玉県狭山市にある、あおば歯科クリニックです。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク