歯周病は治る?治らない?|自分の重症歯周病の実体験から

歯周病で困っている方、歯周病は治るのか?治らないのか?
とても気になるところだと思います。

私は重症の歯周病で治療を続けています。
その実体験と歯科医師や歯科衛生士とのインタビューから
歯周病が治るのか、治らないのか解説します。

結論から言うと、
歯周病の進行具合により、
・治せるもの
・治せないが改善はできるもの
・治せないもの
があります。

これは、他の病気についても言えることで、早期に発見すれば、それだけ治せる確率が
高くなるということです。

ところが、歯周病では大きく2つの問題があります。

1.歯周病初期には症状が少ないので進行させてしまう
2.歯周病を正しく診断し、適切な処置ができる歯科医師がきわめて少ないので、
歯科に定期的に通院していても進行させてしまう

私の場合は、2のケースでした。
歯科に定期的に通院していたのにも関わらず、歯科医から歯周病について何のコメントもなく、適切な治療も行われずに、どんどん悪化させてしまいました。

しかし、たまたま出会った「歯周病の適切な治療ができる歯科医師」のお陰で、
重症歯周病になっていた私の歯は、すばらしく改善しています。

「歯周病が良くならない」、「治るのか治らないのか不安」などと悩んでる方には、
歯周病の適切な治療を受ければ、必ず改善します。

ではさっそく、その歯周病の適切な治療方法については、説明していきますね。

スポンサー

①歯周病の治し方-現状の把握

歯茎の腫れや痛み、出血、歯のぐらつきなど、
自覚症状を感じていても、どの程度歯周病が進行しているかはわからないので、
歯科で歯周ポケットや歯の動揺度、出血の程度を検査してもらう必要があります。

次のような検査結果がもらえます。
その結果をよく説明してもらってください。

歯周ポケットの検査をしてくれない、
または検査結果の詳しい説明をしてくれないような歯科は、
止めた方がいいです。

歯周ポケットの深さで、おおよそ次のような進行具合になります。

②歯周病の治し方-セルフケア

歯周病は、歯科での適切な治療は必要ですが、
自分で行えるケアも行わないと、良くなりません。

歯周病が進行してしまったということは、
セルフケアがまずかったところもあると思います。

歯周病のセルフケア、何と言ってもブラッシングですが、
正しいブラッシングができていなかった可能性があります。

歯周病の原因となるプラーク・歯石をできるだけ作らないようにするには、
日頃の正しいブラッシングが大切です。

歯周病の適切な治療ができる歯科では、
この正しいブラッシング指導もていねいに行ってくれます。

正しいブラッシング指導をしてくれない歯科は止めた方がいいです。

プラークや歯石は、歯と歯茎の境目、歯と歯の間などにできやすいので、
そこを重点的に、歯ブラシを小刻みに振動させるようにします。

具体的には次の動画を参考にしてください。

私は、このようなブラッシングがいいのは知ってはいたのですが、
つい面倒なので、適当なブラッシングを続けていました。
それも良くなかったと思います。

また、歯と歯の間は、ブラッシングのみではきれいにならないので、
デンタルフロスや歯間ブラシを使った方がいいです。
これも、次の動画を参考にして下さい。

私は、歯ブラシだけしか使っていなかったので、それも進行させた一因だと思います。

③歯周病の治し方-歯科による治療

歯のプラークが進んで、「バイオフィルム」という膜を作ったり、さらにすすんで
「歯石」になると、歯周病菌が増殖しやすくなり、歯周病が進行します。

バイオフィルムや歯石は自分では除去できなので、歯科で除去してもらわないと
いけません。

歯周病の初期ならば、一般的な「スケーリング」と呼ばれる
歯茎から上の歯石除去の治療でいいのですが、
中期から重症の場合は、「ルートプレーニング」と呼ばれる、茎の中までプラーク・歯石を除去する必要があります。

『歯茎の中まで歯石を取り除く!』

この治療方法を、今の歯科医にかかるまで知りませんでした。
でも、この治療方法があるんです。

歯周ポケットが深くなっている場合は、この歯茎のなかまで歯石を取り除いてきれいにしないと、歯周病は良くなりません!

歯茎の中まで歯石を取って、歯をツルツルの状態に戻さないと、
歯から離れてしまった歯茎はくっつきません。

物理的に歯石を削り落とさないと、歯はツルツルに戻らず、
薬剤やレーザ治療ではムリです。

歯科に定期的に通院して、歯石取りをしてもらっても、
歯周病が悪化している方は、
この「ルートプレーニング」で歯茎の中までの歯石取りをしてもらうことが、
大きなポイントになります。

ただし、問題があります。

「ルートプレーニング」は、歯茎に隠れて、目で歯石を確認しながら除去できないということです。
どうやってやるかというと、歯科医や歯科衛生士の手の感覚や勘でやることになります。
従って、熟練したわざが必要となります。

なので、
「ルートプレーニング」ができる技術と経験が豊富な
歯科医院を探す必要があります。

残念ながら日本では、この歯茎の中まで歯石を除去する「ルートプレーニング」
がしっかりできる歯科医師・歯科衛生士がたいへん少ないです。

なので、歯周病は治らないと思われているかもしれません。

ルートプレーニングを行えば、歯周病はとても良くなります。

私は、全部の歯をこのルートプレーニングをしてもらって、歯周病が、
短期間に非常によく改善しました。

さらにこの歯茎の中までの歯石除去でも改善が見られない場合は、
歯茎を切開して歯をむき出しにして、歯石や不良歯茎を除去する手術」が行われます。

私は、重症のところはフラップ手術という手術も受けました。

その実体験は次の記事を参考にしてください。

残念ながら超重症のところは、抜歯せざるを得ませんでしたが・・・

ルートプレーニング、フラップ手術を受けた結果の歯周病の改善具合は、
次の記事を参考にしてください。

重症歯周病だった私ですが、適切な歯周病の治療を受けたことで、
かなり状態は改善しています。

◎まとめ

歯周病は、歯茎の中までの歯石を除去する「ルートプレーニング」や「手術」など、しっかりした歯周病の治療ができる歯科医を探して治療を受ければ、
治せたり、改善できたりします。

現在歯周病で困っている方は、是非、そのような歯科医を探して治療を受けて下さい。

歯周病治療には、もちろん、セルフケアも大切です。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク