どうしても抜歯が必要な状態とは

歯医者に定期的に通院していたのにもかかわらず
歯周病が進行して重症になり、

別の歯科医で、麻酔をかけて歯茎の中まで、
歯垢・歯石のクリーニングの治療を受けました。

6~7割は、歯周ポケットは改善したけれど、
抜歯も必要だって、

しかも「7本」
「え~いきなり7本って、ひどいじゃないですか。」

本当にそんなに抜歯が必要なの?
って、たいへんショックを受けました。

では、どうしても抜歯が必要な状態ってどういうときでしょう。

スポンサー

抜歯が必要な状態

抜歯が必要な状態って、主に次の6つがあるようです。

(1)歯を支えている歯槽骨という骨が溶けて、歯を支えきれなくなり、
ぐらついている。

出典:渡辺久監修・「歯周病」

私は、何本かこの状態になってしまっています。
歯槽骨って、条件によっては再生することはできるらしいですが、

一般的には、再生するのは難しいようです。
手足の骨が折れても、再生してくっつくのとは訳が違うようです。

ぐらついたまま、抜歯しないでいると、ますます歯の根元の歯槽骨の破壊が進んで、
将来、インプラントもできなくなる可能性があります。

(2)治療しても炎症が治まらないで、しょっちゅう腫れたり、痛んだりしている。

出典:渡辺久監修・「歯周病」

歯周病が進行していれば、炎症はずっと続いている状態なので、
炎症がひどい場合は、抜くしかないです。

(3)ひどい虫歯の場合。

出典:渡辺久監修・「歯周病」

私は虫歯はないのですが、
(歯周病菌が多いと、虫歯菌は繁殖しにくいみたいです。)
虫歯がひどくて、抜歯せざる得ない人は多いでしょう。

(4)歯根が破損してしまった。

出典:渡辺久監修・「歯周病」

折れた歯根をくっつけて、また戻す方法もあるらしいけど、
またすぐに、くっつけたところが折れてしまうらしい。
この場合も、抜くしかないようです。

(5)歯周病が歯の根元まで達してしまっている。

出典:渡辺久監修・「歯周病」

私の歯は、一部この状態で、歯を根元まできれいにしたとしても、
歯を支える歯槽骨が溶けてしまっているので、
抜歯は免れないようです。

(6)歯が異常な位置に生えている

出典:渡辺久監修・「歯周病」

私の場合は、親知らずと八重歯があって、それがへんな位置に生えています。
そのせいで、そこに食べかすがたまり、しかも歯磨きしにくので、
歯周病菌の温床になってしまっています。

これは早急に抜歯して、歯周病菌が繁殖しにく環境にしなければなりません。

私の場合、(1)(2)(5)(6)が当てはまって、7本の抜歯が必要なようです。
一気に7本も歯を失うのは、とてもショックです。

何とか免れないかと色々調べていますが、難しいようです。

悔やまれるのは、10年前から定期的に歯医者に通っていたのに、
何も積極的な治療や指導がなかったことです。

皆さんには、大切な歯を失ってほしくありません。

歯を失わないために、
症状がなくても、
定期的によい歯医者に通われることをオススメします。

良い歯医者の見分け方はこちら

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク