口臭の原因が歯周病の場合、正しく治せる歯医者の選び方

口臭で悩んでいる方、少なくないと思います。

口臭のせいで、家族から嫌な顔をされる。他人と気兼ねなく話せない。
仕事でお客さんに不快な思いをさせる。など、日常生活が楽しく過ごせません。
また、自分では口臭に気づかないで、他人に不快な思いをさせている場合もあります。

私も、10年くらい前から家族に指摘され、たぶん歯茎から出血しているから、歯が悪いせいとは気づいていました。

そこで、近所の歯医者で、歯石と歯垢を、年に2回定期的に取ってもらっていました。

取ってもらってしばらくは口臭が減っている感じはするんですが、マスクしていると、マスクがとっても臭いので、あんまり良くなっていなかったのです。

口臭の原因が歯周病

ところが最近、家族に「とてもよい歯医者があるので行ってみたら」と言われ、
診てもらったところ、「重症の歯周病です。口臭はそれが原因です。」と、とてもショックなことを言われてしまいました。

10年近く、歯医者に定期的に通って、歯のケアをしてもらっていたと思っていたのに、
どういうこと???

長年通っていた歯医者では、歯周病とは、はっきり言われた記憶はなく、

「定期的に歯のお掃除をしましょう。」

「出血するのは、歯並びも悪いし、歯周ポケットも深くなっているから、ある程度仕方ありませんね。」

「歯周ポケットが深い不快ところは、残念ながら歯は抜けるでしょうね」

って、その歯医者の言うことに納得して、しょうがないかなと思っていました。

口臭についても、歯周病だからしょうがないかなって思っていました。
でも、変えた歯医者は、歯周病は治せます。
歯周病を治したら、口臭も治ります。って、力強い返事。

その歯医者に、患者さんの感想が書いてあるファイルがあるんですが、

(Aさん) 口臭で他人と話すことに抵抗があって、家にこもりがちだったのが、
当院で歯周病の徹底した治療を行ってもらって、口臭が治り、サークルやセミナーなど に積極的に参加できようになりました。

(Bさん) 美容師の仕事で、口臭でお客さんと話すのが、たいへん気兼ねして、仕事も苦痛になっていたが、当院の歯周病の治療で口臭が治り、お客さんと気兼ねなく話せるようになりました。

(Cさん) 歯医者に定期的に通って、歯石や歯垢を取ってもらっていたが、口臭は良くならず、家族に嫌な顔をされていた。ここの歯医者で歯周病を徹底的に治してもらって、
口臭が治り、家族にも嫌がられなくなった。

などなど、歯周病を徹底的に治すことで、口臭が良くなっている例がたくさんありました。
でも、口臭の原因が歯周病とわかっていても、歯周病の徹底した治療をしてくれる歯医者を探さないと、口臭も歯周病も良くなりません。

私自身がその例です。

口臭は他人に迷惑をかける、口臭の原因が歯周病の場合、治さないと大切な歯を失ってしまいます。

歯周病を治さない歯医者が多い

歯周病で治せるんです。

別の記事でも、書いたので参考にしてください。

でも、歯周病を治さない歯医者が多いようです。

見えるところの歯石や歯垢を取って終了。

歯周病が進行しても、それを放置して、見えるところの歯石や歯垢を取って終了。

歯がぐらついてきたら、抜歯。
入れ歯やインプラントを勧める。

患者には、高額な負担がかかる。

でも、患者は仕方がないかなとあきらめる。

しかし・・・・

手遅れにならない段階で、歯周病の徹底した治療を行えば、歯は残せるんです。

でも、それをやらない歯医者が多い。
だったら、患者の方で意識を変える必要があると思います。

◎歯周病とわかれば、徹底した治療ができる歯医者を探すことです。
 そうしないと、口臭も歯周病も治りません。

くれぐれも、歯周病の表面的な治療しかしない歯医者にはかからないようにしましょう。

自分のブラッシングも大切

歯周病の治療って、徹底した治療をしてくれる歯医者を探すことも大事だけれど、

自分でのブラッシングもとても大切です。

ブラッシング指導も徹底的に行ってくれる歯医者を探すことが大切です。

今度の歯医者では、ブラッシングの仕方を鏡を見ながら、1時間近くしてくれました。

その前に、自分の歯垢の中の歯周病菌を顕微鏡で見せてくれました。

「うお~なんだこれ・・・」 (たくさんの色々な形の菌がうごめいていました)

菌が多い気はしていましたが、こんなに動きが元気な菌たちがたくさんいるとは・・

とってもショック

「ブラッシングで、この菌たちをできるだけかき出して減らさないと歯周病は治りません。」

との歯科衛生士さんのきびしいことば。

「〇〇さんの場合は、重症の歯周病なので、1日1時間のブラッシングが必要です!」

「えっ、1時間ですか」

「テレビ見ながらでも、お風呂入りながらでもいいので、合計1時間は磨いてください」

「患者さんも、歯周病を治すっていう意識を変えて、ブラッシングを実行しないと治りませんよ。」

確かにその通りだと思いました。

今までの歯医者はブラッシングの大切さや正しいやり方の指導はありませんでした。

患者が自分で歯周病を治すという意識の話もありませんでした。

◎まとめ

歯周病を治せる歯医者で、歯垢・歯石を徹底的に除去してもらい、ブラッシングもしっかり行えば、歯周病は治ります。

また、口臭も治ります。

今日から、私は毎日1時間ブラッシングを頑張ります。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク