歯周病からのひどい口臭が治った体験談。

口臭で悩んでいる方、少なくないと思います。
口臭で歯を一生懸命磨いても治らない、ほかの口臭ケアをしても治らない場合、
歯周病が進行してい場合があります。その場合は歯周病の正しい治療をすることが
必要です。

私も長年口臭があり、最初は自分ではよくわからなかったんですが、
だんだんひどくなってきて、近しい人から指摘されるようになり、
自分でもわかるくらい、ひどくなってきました。

口臭の測定器で測ると、マックスのランプでした。

もちろん、一生懸命歯磨きをしました。

ブレスケアのタブレットとかスプレーとかも試しました。

でも全く効果がありません。
口臭の臭いと混じってかえって変な臭いになったりしてました。

家族は、まだ臭い、と言ってくれるのでいいのですが、
(家族にだって迷惑かけているから、いいわけないですが・・)

仕事でお客さんとしゃべってて、
お客さんが思わずのけぞって、自分から離れるしぐさをするときがたびたびあり、
ああ、たぶん口臭ひどいんだろうな。

と思うことがたびたび。

でも、どうやって治せばいいいのか、全くわからず、
ほんと困っていました。

思い当たるのは、10年以上前から、歯茎から出血があって、

たぶん歯が悪いせいで、口臭がひどいんだろう

とは思っていました。

でもでもですよ。
歯医者には、10年以上年に2回は定期的に通って、
歯垢や歯石を取ってもらっていたんですよ。

歯垢や歯石を、取ってもらってしばらくは口臭が減っている感じはするんですが、
(しばらくと言っても数日かな・・)
また元通り。

マスクしていると、マスクがやたら臭かったです。

つまり、歯垢や歯石を取っても、口臭は良くならなかったということです。

じゃーどうしたらいいの?

胃が悪いのかな~

確かに胃弱ではありますが、胃が悪い感じはありません。
健診でも、特に胃の指摘はありません。

周りに迷惑かけるので、あまりしゃべらないようにしていましたが、
必要があるので、しゃべらないわけにはいきません。

もう何年も、口臭で困っていました。
治らないと、あきらめていました。

口臭の原因が歯周病

そんなある日、
家族が虫歯治療で、ネットでよさそうな歯医者を探し、
受診したところ、実にすばらしい歯医者だということで、

私にも、行ってみたらと勧められ、
じゃー行ってみようと受診しました。

実際素晴らしい歯医者でした。

初診で、検査とカウンセリングでたっぷり2時間。

そこでわかったことが、

「重症の歯周病です。口臭はそれが原因です。」

と、とてもショックなことを言われてしまいました。

10年近く、歯医者に定期的に通って、歯のケアをしてもらっていたと思っていたのに、
どういうこと???

長年通っていた歯医者では、歯周病のしの字も言われたことはなく、

定期的に歯のお掃除をしましょう。」

出血するのは、歯並びも悪いし、歯周ポケットも深くなっているから、ある程度仕方ありませんね。

歯周ポケットが深い不快ところは、残念ながら歯は抜けるでしょうね

口臭については、スルー。

って、その歯医者の言うことに納得して、しょうがないかなと思っていました。

何と、重症の歯周病とは・・・・・

でも、この歯医者さんには、歯周病は治せます。

歯周病を治したら、口臭も治ります。

って、力強いお言葉。

その歯医者に、患者さんの感想が書いてあるファイルがあるんですが、

(Aさん) 口臭で他人と話すことに抵抗があって、家にこもりがちだったのが、
当院で歯周病の徹底した治療を行ってもらって、口臭が治り、サークルやセミナーなどに積極的に参加できようになりました。

(Bさん) 美容師の仕事で、口臭でお客さんと話すのが、たいへん気兼ねして、仕事も苦痛になっていたが、当院の歯周病の治療で口臭が治り、お客さんと気兼ねなく話せるようになりました。

(Cさん) 歯医者に定期的に通って、歯石や歯垢を取ってもらっていたが、口臭は良くならず、家族に嫌な顔をされていた。ここの歯医者で歯周病を徹底的に治してもらって、
口臭が治り、家族にも嫌がられなくなった。

などなど、歯周病を徹底的に治すことで、口臭が良くなっている例がたくさんありました。
でも、口臭の原因が歯周病とわかっていても、歯周病の徹底した治療をしてくれる歯医者を探さないと、口臭も歯周病も良くなりません。

私自身がその例です。

口臭を治すには歯周病の正しい治療が必要

歯医者に定期的に通っていれば、歯茎の外の目に見えるところの歯垢や歯石は
取ってくれると思います。

でもでもですよ、

歯周病が進行している場合は、歯周ポケットとう
歯と歯茎の間の隙間が深くなってしまっています。

実は、この歯茎の中の歯周ポケットにも、歯垢や歯石がたまっていて

そこに菌が繁殖して、歯茎も炎症を起こし、化膿したりして、

それが臭いを発して、口臭となっているわけです。

そうなんです。
だから、

歯茎の中まで歯垢や歯石を取らないと口臭は治らないのです。

そのへんの多くの歯医者は、歯茎の中までは、歯垢や歯石を取らないです。

なぜかって、たいへん手間がかかり、人手もいるし、
何より、手間の割に儲かりません。

だから、たいていは傍観。

ひどくなれば、抜歯しましょう。
入れ歯にしましょう。
インプラントにしましょう。

人の歯だと思って、ひどすぎます。

我々も、歯周病の正しい知識がないわけですから、
歯医者のいいなりです。

でも、歯周病の正しい治療方法があるわけです。
そして、歯周病の正しい治療をすれば、口臭も治ります。

私は、1年かけて、

歯周病の正しい治療を受けて、歯周病が大変良くなり、
口臭も良くなりました。

・痲酔をかけて、歯茎の中まで、歯垢と歯石を取ってもらいました。

・歯周病がひどいところは、フラップ手術という、歯茎をべろ~んと切開して
 歯の根本までキレイにしてもらいました。

(歯周病治療の実際は、別記事にしましたので参考にしてください。)

・歯周病が超重症の歯は残念ながら抜歯しましたが、
抜歯した歯の根元が化膿して、膿がいっぱいついていて、
 腐っている感じで、何よりちょ~~臭かった。 

これは、口臭がひどいわけです。
歯を磨こうが何しようが、強烈な臭いの発生源があったわけですから
口臭が治らなかったわけです。

歯周病が原因の口臭は、
(日本人成人の8割は歯周病に感染していると言われていますので、
口臭がひどい人は、たいてい歯周病が原因ではと思われます。)

歯周病の正しい治療をすれば、良くなります。

まとめ

◎口臭を治すには、
歯周病の正しい治療ができる歯医者にかかることです。

ちなみに、わたしは埼玉県狭山市のあおば歯科にかかっています。

ここは、北海道や岡山の方もはるばる通っているような、超優良歯医者です。
歯周病、口臭、虫歯などで困っている方、是非受診してみてください。
絶対、「受診して良かった!」と思うと思います。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク