気持ち良い動きで、腰や背中のゆがみを自分で治して、痛みや凝りをとる方法!

背中や腰が凝ったり、痛い場合、背中や腰がゆがんでいる場合があります。
整体やマッサージ治療などで調整してしてもらえばいいのでしょうが、
どこの治療院に行っていいのかわかりませんし、時間もお金もかかることなので、
そう簡単には行けないと思います。

でも、自分で背中や腰のゆがみを簡単に無理なく、お金もかからず、調整出来る方法があるので説明しますね。

スポンサー

1.背中や腰のゆがみを治す姿勢

仰向けになって、両膝を立てます。

膝を立てる角度や足の開きは、自分がやりやすい、楽な角度や開きでいいです。

両手は、軽くお腹の上に置きます。

2.動きによって、背中や腰の感覚をチェックする

膝を立てた姿勢から、
ゆっくり息を吐きながら
両膝を右又は左に、ゆっくり倒します。

このとき、無理をする必要はありません。
膝を倒している途中で腰や背中が痛くなれば、
そこで、膝を倒すのをやめていいです。

ゆっくり戻って、逆側に膝を倒します。

どうでしたか?

左右に膝を倒してみて、
倒しやすい方、倒しにくい方、あるいは
腰や背中に痛みが出た方、出ない方、あるいは
楽に出来た方、楽に出来なかった方、あるいは
気持ちいい方、不快な方

差がわかりましたか?

とにかく差があった場合、
少しでも楽な方(気持ちのいい方)を覚えておいてください。

◆左右どちらに膝を倒しても、不快だ!、腰や背中が痛い!
というような場合は、今回の調整法はやらない方がいいので、

別記事で説明した、別の調整方法を試してみて下さい。

3.背中や腰のゆがみを自分で調整する方法

背中や腰のゆがみを自分で調整する場合には、
左右に膝を倒してみて、楽だった方、気持ち良かった方を使います。

たとえば、膝を右側に倒すのが倒しやすかった、楽だったような場合、
息を吐きながら、膝をゆっくり右側に倒していきます。

一番気持ちいい角度まで倒したら、そこで力は入れたまま数秒止めます。

それから力を抜いて、息を吸い、
再び息を吐きながら、元の位置に戻します。

呼吸と動きは、慣れないうちは、さほど神経質にならなくても大丈夫です。

◎大事なのは、膝を倒しやすい方向に、気持ち良い角度ぐらい
ゆっくり倒して、ゆっくり元に戻すということです。

この動作を3~5回繰り返します。

4.チェック

膝を倒しやすい方向に3~5回倒してみたら、
今度は、倒しにくかった逆の方向に膝をゆっくり倒してみて下さい。

上手くいっていれば、倒しにくかった方向も、倒しやすくなっているはずです。
その場合は、腰や背中のゆがみがとれています。

立ってからだのチェックをしてみてください。

腰や背中のこりや痛みなどが軽くなっているはずです。

あまり変わっていない場合、もう3回ぐらい倒しやすい方向に膝を倒す調整を行ってみてください。

それでも変化がなければ、そこでこの調整はいったんやめてください。

1日のうち、休みを入れながら、再びこの調整を行ってもかまいません。

症状の程度によっては、なかなか1日の調整ではゆがみがとれて楽にならないかもしれません。

しかし、この調整を何日か繰り返していけば、徐々に腰や背中のゆがみが取れて、
楽になってくると思います。

気持ちよい無理のない動きで自分で調整する方法なので、好きな時間にできて、
お金もかからず、続けやすいと思います。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク