自分で簡単にできるからだのゆがみの修整方法!しかも気持ちよくできる方法!

肩こり、腰痛、膝痛など、日頃よくある症状の原因には、からだのゆがみがあります。
自分で「からだがゆがんでいるなあ~」って実感していても、なかなか自分ではどうやって治したらいいかわかりませんよね。かといって、整体やマッサージや鍼灸治療に通うのも、時間やお金のこともあって気軽にはできないと思います。

そこでですが、自分でも簡単にからだのゆがみが改善できる方法があるので、お伝えします。この方法は、痛いことや苦痛なことは一切ありません。逆に気持ちよくて、簡単で効果的な方法です。

スポンサー

1.からだのゆがみは、足の長さの違いから

からだがゆがむ原因はたくさんありますが、
ヒトは、立っていることが多いので、
土台となる足元がゆがんでいると、上半身もゆがんで症状がでてきます。

家でも、土台が曲がっていれば、柱や壁や屋根もゆがみ、家全体がゆがんできますよね。

ヒトの足元のゆがみは、まず、左右の足の長さの違いです。

左右の足の長さが違うと、骨盤が傾き、背骨が曲がってくるので、
腰痛や肩こり、頭痛などがでてきます。

ヒトのからだのゆがみを治すには、左右足の長さをそろえることが大切です。

2.左右の足の長さを確認する方法

仰向けに寝て、軽くお尻をあげて、ストンと落とします。

これは、仰向けに寝たときに、からだの位置をまっすぐにするためです。

その状態で、左右足の長さを比べるのですが、
踵の位置で比べると、足首の傾きで踵の位置が変わってくるので、

内くるぶしの位置で調べます。

自分では、確認しいくいので、誰かに見てもらうといいでしょう。

腰痛や肩こりなど、からだの不調がある方は、ほとんど足の左右の長さの違いが
あるはずです。

3.左右足の長さの違いを治す方法

普通は、足の短い方を伸ばせばいいと思いますが、その見かけから治しては
いけません。自分でからだの感覚を確かめながら治していきます。

これは、操体法という方法です。詳しいことは別の記事で紹介します。
数多くの調整方法がありますが、
今回は、左右足の長さの違いを治す方法を説明していきます。

(1)左右踵を動かしながら、感覚を確かめる

仰向けに寝た状態で、まず右足の踵をゆっくりと伸ばします。

このとき、右踵だけではなく、右腰から右踵まで大きく動かす感じで、
ゆっくり伸ばします。
背中や肩や首も動いて結構です。

要するに、体全体を動かすような感じで右踵をゆっくり伸ばします。

このときの、からだの感覚を確かめます。

「どこかつっぱるとか、痛いとか、逆に気持ちいいとか・・」

伸ばし終わったら、ゆっくり戻します。

次に、左の踵を同じ要領で行います。

左踵を伸ばしたときのからだの感覚を確かめます。

ゆっくりもどります。

左右踵を伸ばしてみて、からだの感覚の違いがわかりましたか?

最初はよくわからないかもしれません。

その場合は、からだの力を出来るだけ抜いて、息を吐きながら、ゆっくりやってみてください。

からだが緊張していると、からだの感覚がよくわかりません。
また、息を止めたり、吸っていても、からだが緊張するので、
息は吐きながら行ってみてください。

左右踵を伸ばしたときのからだの感覚を覚えておきます。

(2)足の長さを調整する方法

左右踵をのばしてみて、やりにくい方、気持ちが良くない方と、
何となく気持ちがいい方がわかりましたか?

厳密でなくていいので、何となく伸ばしやすかった、気持ちよかった方でいいです。

足の長さを調整するのは、伸ばしやすかった、気持ち良かった方を使います。

これは、足が短い方とは限りません。

伸ばしやすかった方、気持ち良かった方の踵をゆっくり伸ばします。
からだ全体を動かすイメージで、

あくまでゆっくりで、気持ちよさを味わいながら行ってください。

伸ばしきって気持ち良ければ、そこで数秒止めていてもいいです。
ゆっくり戻ります。

ちょっと休んだら、同じ事を繰り返します。
3~5回くらい繰り返します。
これも、気持ちいい回数でいいです。

(3)チェックする

もう一度、左右の踵を伸ばして感覚を確かめます。

うまくいっていれば、不快感があった方の踵が伸ばしがやりやすくなっているはずです。

(4)追加動作

まだ、不快感があった方の踵伸ばしで、不快感が取れていない場合、
気持ち良かった方の踵伸ばしを、数回追加しておこないます。

それでも、不快感が取れない場合は、時間をおいて行うか、
今日の調整は止めて、明日また行うようにしてみてください。

ゆがみが強い場合は、すぐには調整できない場合もあります。

4.確認する

立ってみて、肩や首、腰などを軽く動かして、調整する前と感覚の違いを確かめてみてください。

調整がうまくいっていれば、軽くなっているはずです。

1回で効果が感じられなくても、何日か調整を続けていけば、効果を感じられてくると思います。

◎まとめ

からだのゆがみを自分で治す方法は色々ありますが、今回説明した左右の踵を伸ばす、
しかも気持ちいい方を伸ばしてからだのゆがみが治せるのは、たいへん有益な方法だと思います。是非試してみてください。

この方法が、習得できましたら、より効果的に行える応用編があります。
次の記事をぜひ参考にしてみてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク