ハチ刺されの応急処置、冷やすか温めるか?

 

 「ハチに刺されたとき、冷やした方がいいのか、温めた方がいいのか」
 

ホント悩みますよね。

でも、ちゃんとハチの毒のことについて知っていると、
とっても効果的に対応できるので、心配いりません。

実例を紹介しながら、説明しますね。

スポンサー

1.ハチ刺されの治療の実例

私の知り合いのおばさんの話です。
 

彼女は、伊豆の山の中で一人暮らし。
 
この夏、庭で草木の手入れをしていたところ、
草むらに潜んでいた、蜂に(たぶんスズメバチ)
右手の親指を刺され、
軍手をしていたのに、その上から刺されたそうな
痛いの痛くないのって、超激痛で声もでない。
 

知り合いの車で市民病院に連れてってもらった。

とりあえず、
アナフィラキシーショックはなさそうとのことで、
手当をしてもらったそうです。

 

そこで問題ですが、
  
患部を冷やしたでしょうか?
   温めたでしょうか?  

→「腫れて痛いから、思い切り冷やした。」

 

→ブー違うんです。

 

今は、ハチ刺され、病院でも温めるんです。

 

46~47℃のお湯を入れたビニール袋で、
患部を温め、30分くらいで痛みはうそのようにとれたそうです。

病院でも温めるようになったのですから、医学的根拠があるわけです。

今までの蜂に刺されたら冷やす、は常識ではなくなりました。

まして、おしっこをかけるなんて・・・非常識!

2.なぜハチ刺されは温めるとよいのか?

蜂の毒は、ヒスタミンやセロトニンや細胞を破壊して毒の浸透を促進する
たんぱく質性の酵素毒成分です。
 
 

この酵素毒成分は、熱に弱い
 

タンパク質性なので、43℃以上になると
変成して酵素毒としての性質がなくなります。

 

43℃以下だと、かえって酵素毒が活性化して
よけい痛くなる可能性が・・・
   

46℃以上だと、やけどする可能性が・・・

従って、

酵素毒を非活性化するための
適温は、 43~46℃がgood。

 

ビニール袋、あるいはペットボトルにその程度の温度のお湯を入れて、
患部にしばらく当ててください。

やけどに注意です。
温度が42℃以下に下がらないように注意です。

シャワーが使えるなら、43℃以上やけどしない程度に
ぎりぎり熱めに温度設定し
シャワーをかけ続けてください。

患部を温めるのは、ムカデに刺された場合、蚊に刺された場合でも同じです。

 但し、アナフィラキシーショック
 •意識もうろう
 •めまい
 •全身にじんましん
 •嘔吐
 •寒気
 •呼吸困難
  のような症状がでたら、一刻も早く病院に連れてってくださいね

3.ハチの豆情報

問題です

1)人を刺すハチはオスでしょうか?メスでしょうか?

ハチの針は、産卵管が変化したものなので、針を持っているのはメスです。

従って、人を刺すハチはすべてメスです。

2)オスのハチは何しているの?

オスのハチは、巣の中でぶらぶらしているようです。

オスの一生のうちの唯一の仕事が、女王ばちとの交尾です。
 
交尾すると、生殖器官が体から外れてしまって死んでしまうそうな。
なんとも切ない、いいんだか悪いんだか考えさせられる一生です。

3)人を刺したハチはどうなるの?

ミツバチの針には返しというのがあって、人を刺すと毒の袋ごと針がハチのからだから外れ、そのハチは死んでしまいます。

ところがです、スズメバチの針には返しがないので、何度でも刺すことができるので、同じハチに何回も刺されたら悲劇ですね。

4)ハチは何で人を刺すんでしょうか?

蚊は、産卵のための栄養補給で人の血液を吸います。従って、蚊も人を刺すのはメスです。

ハチの場合、産卵は女王ばちのみで、栄養は巣の中にたっぷりあります。
従って、

ハチが人を刺すのは産卵のためではなく、ハチ自身や巣を守るために刺します。

5)ハチに刺されないためには?

ハチにさされないためには、

ハチの巣に近づかないこと

うっかり遭遇してしまったら、刺激しないようにすることですね。

またハチは、黒い色に反応して攻撃するので、野山に出かけるとき、戸外で作業をするときは、白など明るい色の帽子や服装がいいでしょう。

春から夏のハチの繁殖の季節は、ハチ刺されには十分注意してくださいね。

刺されたら、今回の記事の対応です。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク