親指の腱鞘炎、湿布や注射でも治らない場合、正しい手の使い方をマスターしよう!!

親指の腱鞘炎で、湿布や注射やサポーターなどを使っても、一向に良くならず
困っている方いると思います。良くならないのは、手の正しい使い方をしていない
ことも原因しています。正しい手の使い方を解説していますので、マスターして
早く親指の腱鞘炎を治してください。

親指の腱鞘炎、整形外科を受診すると、

「CM関節症」とか「ドケルバン病」

とかなにやら難しい診断名が付けられたりします。

でも治療は、
「湿布とかサポーター、手を使わないようする」
と、とっても原始的。

手なので日常使わないわけにいかないし・・・・

湿布やサポーター、注射をしたりしても、いっこうに治らない。

実は、親指の腱鞘炎がなかなか治らないのは、

「手の正しい使い方をしていないから!」

という理由もあります。

なので、正しい手の使い方をマスターすれば、
親指の腱鞘炎が早く治る可能性が高くなります。

今回は、正しい手の使い方を解説しますので、
正しい手の使い方をマスターして、
早く親指の腱鞘炎を治してください。

☆手の正しい使い方

手の正しい使い方?

そんなのあるの?

聞いたことがない!

でも、手の構造を見てみると、正しい手の骨格の位置とか、正しい使い方がわかります。

手の骨格って、次のようになっています。

上腕の骨があって、
前腕には2本の骨があります。

上腕の骨から直線を引くと、

前腕の小指側の骨~小指とつながります。

「手が安定する形は、
前腕の小指側の骨(尺骨)と、小指がまっすぐになった形」です。

なので、手を使って、物を持つ、握る、ねじるなどの動作の場合は、
できるだけその形を保って、

小指側の3本の指を主に使った方が、力が入って安定します

「え、え~」

「親指が一番太いから力が入るんじゃないの?」

と思うかもしれません。

でも、実際やってみるとわかります。

たとえば、バットとか竹刀とか棒状のものを握る場合、

親指と人差し指で握るのと
小指と薬指と中指で握るの、
どっちが安定します?

小指側の3本の指を使った方がだんぜん安定します。

これは、前述の骨格構造上、
腕から小指まで直線になる形になるので、当然のことなわけです。

☆なぜ親指の付け根が痛くなるのか?

ここから本題です。

じゃあ、親指の付け根がなぜ痛くなるのかというと、

日常生活で手を使う場合、親指側をメインで使っていると、
手首が小指側の方に無理に曲げられます。

その状態で無理に手を使っていると、
親指の付け根にたいへん負担がかかるので、
親指の腱や筋肉を痛めるわけです。

親指の付け根を痛めないためには、
正しい手の骨格の位置で手を使うことです。

手で物を持ったり、ねじったりするときは、
手の小指側を使って、
手首が小指側に曲がらないようにすることが、とっても大切になります。

☆手の使い方の実例

(1)包丁を持つとき

親指側に力を入れて持つと、


包丁を持つときに、小指側に手首が曲がり、
親指の付け根に負担がかかります。

肩も上がって肩も懲ります。

小指側で包丁を持つと、


手首は曲がらず、親指の付け根には負担がかかりません。


肩も上がらず、肩も懲りません。

(2)フライパンを持つとき

親指側に力を入れて持つと、
小指側に手首が曲がり、
親指の付け根に負担がかかります。

小指側でフライパンを持つと、
手首は曲がらず、親指の付け根には負担がかかりません。
親指側に力を入れて持つより、安定してフライパンを持てます。

そのほか、日常生活で手で物を持ったり、握ったりするときは、
できるだけ小指側を使って作業することが、
正しい手の使い方になり、
親指の腱鞘炎を早く治すことにつながります。

☆まとめ

なかなか治らない親指の腱鞘炎は、
まず正しい手の使い方をすることが、
早く回復させたり、再発予防に大切です。

正しい手の使い方は、親指側ではなく、小指側の方を使って、
できるだけ手首が、小指側に曲がらないようにして使うことです。

いくら病院や治療院で治療をしても、親指の付け根の痛みが治らない、治ってもすぐ再発する場合は、日頃正しい手の使い方をしてなくて、手の使い方がよくないことがあると思います。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク