歯周病は薬物で治せるか?|重症歯周病患者の体験から!

歯周病で歯科に通院していても、
「ブラッシングをしっかりやりなさい」と「歯石取り」だけで、
いっこうに歯周病の改善がみられなくて、困っている方が少なくないと思います。

そこで、歯周病に効く薬が何かないのかと思われるかもしれません。

私も長年の歯周病が、ブラッシングと歯石取りだけで、いっこうに良くならず、
どんどん悪化して重症になってしまいました。

でも、現在は適切な歯周病の治療ができる歯科医と巡り会うことができ、歯周病がとても改善しています。

そこで、重症の歯周病が改善した方法と、歯周病に対する薬物について説明します。

スポンサー

1.歯周病を薬物で治せるのか?

歯周病は、歯周病菌によって発病します。
歯周病菌を抗菌剤や抗生物質で除菌することができれば、
歯周病が治せそうな気がしますよね。

胃がんの一因とされるピロリ菌が抗生物質で除菌できるように・・

非常に軽度の歯周病であれば、ブラッシングと抗菌剤で良くなるかもしれません。

でも、
歯周病菌は、プラークの中だけでなく、口の中の粘膜、歯を支えている骨の中、
血液中など、あちこちにひそんでいるので、残念ながらこれらすべてを除菌することは
不可能です。

薬物で一時的に歯周病菌が減ったとしても、口腔内環境が悪ければ、再び増殖してきます。

なので、歯周病菌が繁殖しにくい環境を作ってあげることが、歯周病の治療になります。

薬物は、歯周病治療では、あくまでも補助的です。

2.進んだ歯周病は、なぜ薬剤で治せないのか?

進行した歯周病の状態は、次のようになっています。

歯周ポケットが深くなって、

・歯茎の中まで歯垢や歯石がくっついています。
・歯茎が炎症を起こしてぶよぶよになっています。
・歯をささえる歯槽骨が溶けてきています。

こんな状態なので、歯茎の中に歯垢や歯石がある状態だと、
ここで歯周病菌が増殖しやすくなります。

この歯周病菌が増殖しやすい環境を改善しない限り、
歯周病は良くなりません。

・ブラッシングでも、この環境は良く出来ません。
・ふつうの歯石取り(歯茎から上の歯石取り)でも、この環境は改善できません。
薬剤でも、この環境は良く出来ません。

3.どうすれば進んだ歯周病は治せるのか?

進行した歯周病では、歯茎の中をきれいにしない限り、良くなりません。

ブラッシングと普通の歯石取りで、歯周病が改善しないのは、
歯茎の中の状態が良くならないからです。

歯茎の中の状態を良くするには、次のようなことを行う必要があります。

(1)ルートプレーニング

・歯茎の中の歯垢・歯石を削りとり、歯の表面をつるつるにきれいにする治療です。
・これは、麻酔をかけておこないます。
・歯茎の中は見えないので、勘と経験で行うため、熟練した技が必要です。

(2)歯周ポケット掻爬術

歯周ポケット内部の歯茎は炎症をおこして腫れています。
歯茎内部で炎症を繰り返している部分は、治りがよくありません。

治りをよくするために、この炎症部位を切除して、治りを促進します。

進行した歯周病では、
ルートプレーニングと歯周ポケット掻爬術を行うことで、
歯からはがれていた歯茎が、歯にくっつきやすいなり、歯周ポケットが浅くなります。

歯周ポケットが浅くなってくれば、歯周病菌が繁殖しにくい環境に変わってきます。

実際に私は、全部の歯について、ルートープレーニングと歯周ポケット掻爬術を
行いました。

約3か月の治療で、歯周ポケット4mm以上が
28本もあったのが、12本に減りました。

この手術直後に、歯周病菌の働きを抑えるために、
一時的に、1週間ほど抗生物質を飲みました。

あと、うがい薬も1週間ほど使いました。
これは、歯への歯周病菌の付着を妨げる目的です。

私は、このあとフラップ手術というのも受けて、歯周ポケットは
ほとんど3mmに改善しています。

◎まとめ

進行した歯周病は薬剤では、治すことはできません。

歯茎の中をキレイにする、「ルートプレーニング」や「歯周ポケット掻爬術」を受けるのが、効果的です。

ただし、これができる歯科医はたいへん少ないので、よく探す必要があります。

歯周病専門医・認定医のサイトがありますので、参考にしてみてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク