保険治療でも、重度の歯周病の治療ができるか?|重症歯周病の体験から

私は、重度の歯周病です。

それがわかったのが1年前です。
そんなに悪くなっているとは思っていませんでした。

それまで、
歯周病治療は、ブラッシングと定期的な歯石取りしかない、
それで悪化してしまえば、歯を失うのは仕方がない、
そのあとは、入れ歯かインプラントかと、覚悟していました。

重度歯周病がわかって、治療方法がないのかと思いましたが、
治療方法はあったのです。
しかも保険治療ができます。

そして、現在重度歯周病の治療を始めて1年が経ちます。

残念ながら、超重症になっていた歯は抜歯せざると得ませんでしたが、
それ以外の歯は、中度から重症だったにもかかわらず、
ほぼ正常に近く歯周ポケットが改善しています。

歯を磨くと毎回ひどい出血がありましたが、出血は全くなくなりました。
口臭もひどかったですが、なくなりました。

では、重症歯周病でも、保険でできる治療方法について説明します。

スポンサー

1.ルートプレーニング

歯周病で歯垢や歯石取りは、超音波の機械でやってもらっていると思います。
でも、あれは歯茎から上の目に見える部分だけです。

重度の歯周病の場合は、歯周ポケットが深いので、
歯茎の中まで、歯垢や歯石がくっていています。

これを除去しないと、歯周病は改善しません。

歯茎の中なので、麻酔をかけてキューレットスケーラーという器具で
ガリガリ削ります。

これを「ルートプレーニング」といいます。

同時に、歯茎の悪い部分も切除したりします。

歯茎の中なので、歯石が見えないので、歯科医師や歯科衛生士の
技術や経験によるものが大きいです。

なので、これができる歯医者はたいへん少なく、歯周病がなかなか改善できていない原因にもなっています。

でも、実際に行うと歯周病の改善に大変効果があります。
私は、全部の歯について、このルートプレーニングを行いましたが、
歯周ポケットがとても改善しました。

保険適応です。
歯の本数にもよりますが、1回あたり5~6本の歯を処置して2000~3000円でした。

ルートプレーニングができる歯医者が少ないようですが、是非探されて治療を受けてみてください。

2.フラップ手術

ルートプレーニングでも充分な改善が見られないときは、フラップ手術です。

これは、
歯茎を切開して、歯の根元までむきだしにして、
目で実際に歯石や悪い部分を確認しながら切除する手術です。

ルートプレーニングと違って、実際に目で見ながら行うので確実です。

実際にフラップ手術を受けた経過は次の記事をご覧ください。

重度の歯周病のところは、このフラップ手術も受けて、歯周ポケットがさらに
改善されました。

これも保険適応できました。
本数にもよりますが、5~6本で10000から12000円ぐらいでした。

ルートプレーニングもフラップ手術も適応できない歯は、残念ながら抜歯になりますが、
そういう歯をムリに残しておくと、歯周病菌の温床になり、他の歯をさらに悪化させますので、いさぎよく抜歯してください。

◎まとめ

重症歯周病でも、ルートプレーニングやフラップ手術が適応できれば、改善することは可能です。保険も適応できます。

重症歯周病で困っている方は、是非これらの治療ができる歯科医院を探してみてください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク