トウモロコシを一番「おいしく保存する方法」、実際に試してみた!

corn-823446__180

今年初めて、トウモロコシを、農家の人の指導を受けて
貸し農園で育てました

今月収穫となりましたが、
トウモロコシが一番甘くなる収穫時期は4~5日しかなく
さらに、収穫してからもどんどん糖分が使われて
一日経つと、甘みはほぼ半分くらいに減るんですって

トウモロコシは一番甘くなる絶好の時期に収穫して
できるだけ早く食べるのが、一番ですね

農家の人から収穫したてものをいきなり差し出され、

「食べてみて!」って、
「え、生で食べられるの??」

と驚きととまどいで、かじってみたところ

「なんじゃこりゃ~」

ものすごいジューシーさと甘さ・・
最高のスイーツでした

スーパーで購入する場合、
できるだけ新鮮なものを、食べきれる量だけ買うのがよいですが、

余ってしまった場合、
また、人からたくさんもらったような場合
保存が必要になると思いますが

実際にいろいろ実際に試したことですが、
甘さをできるだけ逃がさずおいしく保存する方法です

1、薄皮一枚とひげのきれいなところを残して皮をむく
2、水からゆでる
3、沸騰したら3分間ぐらいで取り出す
4、熱いうちにラップでくるむ
5、冷めたら冷蔵または冷凍する
6、冷蔵したものは数日中に、冷凍したものも一週間以内には
  食べた方が良いでしょう。

冷蔵したものは、数日以内にそのまま食べてもいいですし、
冷蔵、冷凍したものを温め直して食べてもいいです。

なぜこの方法がおいしいのでしょうか?

それぞれ解説します。

◎薄皮一枚とひげのきれいなところを残して皮をむく

薄皮を一枚残した方がよいのは、甘みを抜けにくくなるためです

ひげと一緒にゆでるのは、ひげの成分がトウモロコシの色合いを
よく保つようです。

また、トウモロコシのひげは、漢方にも使われたり、
トウモロコシひげ茶としても販売されていて、
主に、利尿作用があるので、むくみの改善に役立ちます

◎水からゆでる

水からゆでると、
トウモロコシの実の中に水分が保たれ、
よりジューシーに味わうことができます

お湯からゆでると、しゃっきりした感じで
好みにもよりますが、
水からゆでた方がよりおいしいと思います

◎沸騰したら3分間ぐらいで取り出す

ゆですぎるとぐちょぐちょした感じになり、歯ごたえがなくなります。
品種にもよりますが、3分間くらいが良いと思います

新鮮なものは、生でも食べられるくらいですから
多少ゆで時間が短くても大丈夫です

◎熱いうちにラップでくるむ

ゆであがったら水分がどんどん蒸発するので、
やけどに注意して、すぐにラップでくるんでください

冷めたら冷蔵または冷凍する

保存しても、おいしくいただくためには、
できるだけ早く食べてくださいね。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク