フラッシュモブ 素人だけで結婚式で成功するコツ

「フラッシュモブ」

プロポーズや結婚式などのサプライズ演出で人気ですね

成功すれば、仕掛けられた本人には、

ものすごくうれしくて印象に残る演出です

若い人はよく知っている演出と思いますが、私は、最近初めて知って、
しかも、会社の部下の結婚式でやることになりました。
見るのとやるのは大違い、しかもメンバーは素人だけ。

でも素人でも成功させることができます。
フラッシュモブ 素人だけで結婚式で成功するコツ、経験からアドバイスしますね。

その前に、条件があります

1.結婚式で仕掛けられる方の、新郎または新婦が
フラッシュモブのような演出を好まないタイプ
落ち着いた式にしたいような場合

2.出席する親族や出席者の人の雰囲気が
派手な演出を好まないような場合

以上のような場合は、トラブルの元になりますので、
フラッシュモブ自体やらない方がよいでしょう

また、ダンス経験者や指導者がメンバーにいない、
または身近にいない場合も、難しいと思います

では、結婚式でフラッシュモブを成功させるコツです

スポンサー

1.人数は見栄えを良くするため10名以上は必要

フラッシュモブの流れは、結婚式ですと

1:式の進行中に何かハプニングが起きる

2:突然誰かが踊りだす

3:少しずつ周りの人が巻き込まれて踊り出す

4:人数がどんどん増えていく

5:最後に新郎か新婦も踊り出し

6:新郎または新婦に、メッセージを送って感動のフィナーレ

となります。

少人数では全く盛り上がりに欠け、
ダンスがメインの余興になってしまいます

最低10名以上は、人数は必要です。
また、最初に踊る人はダンス経験者で、質の高いダンスがまず注目を浴びます

メンバーは、できるだけ一緒に練習できる人が優先ですが、
この人が踊ったら、仕掛けられる本人がうれしいだろうな
この人が踊ったら、意外性があってびっくりするだろうな
というようなことも考えてメンバーを選ぶと、
より驚きと感動を与えることができると思います

私たちは、会社の同僚、元同僚で、計10名
年齢は20代~60代と幅広く
ダンス経験者は20代の女の子一人のみ
あとのメンバーは、皆ダンスど素人でしたが
練習のたびに、息が合ってきて皆感動していました。

2.練習は少なくても1か月前から

当然ですが、練習の始まる前には、
・曲名
・振り付けの構成
・踊るメンバーを増やしていくタイミング

等がすでに決まっていなければなりません。

youtubeでよく見られるような曲や振り付けが
素人だけで初めてやる場合には、イメージしやすいでしょう

私たちも、初めてのフラッシュモブなので
よく使われている
「One DirectionのWhat Makes You Beautiful 」 にしました。

また曲を編集して短めにし、
踊りも、前半と後半には、同じパターンの踊りを入れ
素人でも、覚えるのに負担を少なくしました。

素人ですと、最初のステップからなかなかできませんが、

2週間ほど毎日毎日練習していると、全体通して、何とかできるようになります

3週間目には、細かいところをチェックして
日頃一緒に練習できないメンバーがいたら、
合同練習を一度やる必要があります

4週目は、ひたすら仕上げの練習です

全体の踊り、自分の踊りをチェックするために
練習中、動画を撮ってみんなで見るのも効果的です。

3.ほぼ毎日一緒に練習できるようなメンバーを選ぶ

素人だけで練習する場合
踊りを覚えて、合わせるのにかなりハンデがあるので、
できるだけ毎日練習できるようなメンバーを選ぶのが大切です
会社の同僚だけから選べれば理想的ですね。

4.動画を撮って自宅でも自主練習をする

動画を撮って自宅でも自主練習をする

特に練習の初期には、動画を撮って自宅でも猛練習してもらいます。
また、日頃一緒に練習できないメンバーにも、動画を送って自主練習してもらいます。
動画も、前面からのと背面からのがあると練習しやすいでしょう。

5.当日は正装なので、それも考えて練習する

日頃の練習は、踊りやすい服装や靴だと思いますが
当日は、礼服やドレス、革靴やヒールの靴などで、練習時とは、勝手がだいぶ違います。

服は着替えられないと思いますので、靴だけは、こっそりと踊りやすいものに
履き替えておく必要があるかもしれません。

私たちも、女子はヒール靴を踊りやすいものに、こっそりと履き替えました。

また、自宅で正装した状態で踊りのリハーサルを自主練習しておいた方がよいでしょう。

6.会場の状態を調査しておく

事前に、本番会場調査して、踊るスペースの広さや床の状態を把握し
自分の立ち位置や、本番の床でうまく踊れるかチェックしておくと当日慌てないでしょう。
事前チェックが無理な場合は、当日早めに行って会場の様子を下見しておいてください。

7.当日は飲み過ぎない

当然ですが、当日は調子に乗って飲み過ぎますと、いざ本番のときに、
踊れる状態ではなくなったり、踊りがぐだぐだになったりしますので、
自重してください

8.ダンス披露がメインではない

最後に一番大切なことですが、

ダンス披露がメインではなく、新郎や新婦を喜ばせることがメインなのを忘れずに
 みんなで一生懸命に踊ること。

新郎新婦、親族、列席者に驚きと感動を与えられたら
一生忘れることのない素敵な結婚式になるます

私たち素人でもフラッシュモブを成功することができました。

あとはひたすら練習あるのみ素人でもできます。

みなさんもきっとできます。

がんばってください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク