降水確率0%でも雨が降る!?その理由を詳しく解説します。

「今日の降水確率は0%です」って天気予報だったら、普通は、「今日は雨が降らないから傘を持たなくても大丈夫だな」って考えますよね。

でも、雨が降って濡れてしまった時に、え~0%って言ってたじゃない、とちょっといらっとすることあるんじゃないでしょうか。

ところが、降水確率0%は、全く雨が降らないことではなかったのでした。

その説明をします。




降水確率とは

1980年に、気象庁に導入された「降水確率」

これは、「予報地区内で、一定時間に1mm以上の雨か雪が降る確率」
という定義です。

ということはつまり、
「1mm以下の雨は、雨に降る確率にカウントされない雨」
なんですね。

1mm以下は可能性がある。ということです。

じゃあ、

降水確率0%は、1mm以上の雨が降る確率は0%か?

というと、
そうでもないということ。

なんだかよくわからなくなってきましたが・・

降水確率の%は、四捨五入されているということ。

降水確率が1~4%だったら、四捨五入で0%になってしまうというわけ。

つまり、降水確率0%を正確に表現すると

「雨又は雪の降る確率は5%未満」ということですね。

最初からそう表現してもらえば、多少は雨が降るかもしれないな!
って準備できるのに・・

結局、降水確率0%は、全く雨が降らないということではない!
ということです。

まあ、確率なので、100%当たる予想をしているわけでもないですが・・

降水確率とは(おまけ)

降水確率0%は
雨量が
1mm以下なら、ザーッと降ろうが、パラパラ降ろうが関係ないです。

というよりも、
降水確率自体が、「雨の強さや雨が続く時間、雨の降る範囲は予想してない」
ということです。

降水確率が100%なら大雨、40%なら中降り、ということはないです。

ちなみにその降水確率は、
「過去の気象データで、現在の気象条件と似た条件のときに、雨が降った確率」
です。

まとめ

降水確率0%でも、雨が全く降らないわけではありませんので、
注意しましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク