2019年、西武ゆうえんの花火大会の初の試みと、花火大会概要です

毎年、西武ゆうえんちで打ち上げられる花火大会は、夏の風物詩。
楽しみにしている方も大勢いると思います。

そして、2019年の西武ゆうえんちの花火大会は、
何と今までにない初の試みが行われます。

それは何でしょうか?

楽しみですね・・・




2019年、西武ゆうえんち花火大会の初の試みとは?

今年の西武ゆうえんち花火大会の初の試みとして、

何と、

7月と8月の花火で、趣向が違う花火が打ち上げられるとの事。

7月の花火・・・夏にぴったりのBGMに合わせて
        7色に輝く色彩鮮やかで、
        革新的な花火が打ち上がります。

8月の花火・・・大玉が特徴の伝統的な日本の花火が打ち上がります。

今までは、7月も8月も同じ花火でしたが、

今年は、7月と8月で二種類の花火を見ることができます。

今年は両方見てみたいですね。

西武ゆうえんち花火の打ち上げ実施日と時間

観覧場所

場所取りが面倒、予算がある方は、
1~5の有料席を予約するといいでしょう。

ビヤガーデン有料席は、花火の前にショーを見ることもできます。

「※」マークのあるエリアは一部有料マス席で
1マス/5,000円。
当日15:00より現地販売です。
確実に場所を取ってゆっくり見たいという人にはおすすめです!

無料の席では、レジャーシート等を敷いての観覧ができます。
早めに場所とりをしないと、いい場所はなくなってしまいます。

遅目に場所取りに行って、開いてる場所とかは、
木のカゲで花火がよく見えないところだったりするので
注意が必要です。

場所取りは11時10分ごろからです。

ちなみに場所取りのレジャーシート固定は、
テープがくっつくので、紙テープは禁止です。
布テープはOKです。

場所取りをして、園内で遊んだり、プールで泳いでいるのもいいと思います。

暑いのでプールで遊んでいるのがいいと思います。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク