魚の油(オメガ3)が体にいい理由とそのしくみをわかりやすく説明!

病気の予防や治療
スポンサーリンク

魚の油に多く含まれるオメガ3脂肪酸

最近、健康番組でもスーパーの油売り場でも美と健康にいいと話題ですよね。

では、なぜオメガ3の油が、他の油よりいいのか、そのしくみも気になるところです。
オメガ3脂肪酸が優れている理由、しくみをわかりやすく説明します。

 

スポンサーリンク

オメガ3脂肪酸とは?

そもそも、油、脂、脂肪酸、脂質って言葉をよく聞きますが、
違いがなんだかよくわかりませんよね。

 

わかりやすく説明します。

 

まず、「油」はとんかつや天ぷらなどの揚げ物に使う
いわゆるどろどろとした「液体の油」

 

「脂」は、肉の脂身、太った場合のぜい肉の脂、
いわゆる「固体の脂」

 

液体の脂と固体の脂をあわせて「油脂」と呼んでます。

 

油脂は、化学構造から説明すると

「脂肪酸」と「グリセリン」が結合してできています。

つまり脂肪酸は、油脂の成分ということですね。

 

さらに、油脂や脂肪酸、グリセリン、コレステロールを合わせて
一般的には「脂質」と呼んでいます。

 

オメガ3は、脂肪酸の種類のひとつということです。

以上でオメガ3の位置づけがわかっていただけましたか。

脂肪酸の種類

油脂の成分の脂肪酸は、色々種類があります。

大きく分けると、
「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類

飽和脂肪酸は肉や乳製品に入っている脂。

不飽和脂肪酸は、さらに「オメガ3」魚の油、亜麻仁油など

「オメガ6」一般のサラダ油

「オメガ9」オリーブオイル

に分けられます。

オメガ3の作用

オメガ3のオイルがどういう点が体にいいのかは、
一般的には、次のようなことがあります。

〇悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす。

〇血管を柔らかくする。

〇皮膚や体内の炎症を抑える。

〇中性脂肪を減らす。

オメガ3が体にいいしくみ

魚に多く含まれるオメガ3のオイルが、
いろいろ体にいいのはよく言われていますが、
魚の油をとるとコレステロールや中性脂肪が減るのは、
何か不思議な感じです。

 

そのしくみを知りたいと思いますが、
医学的には正確にはわかっていないそうです。

 

たぶんこうだろうという理論は、次のとおりです。

 

◎血管の壁には補強材としてコレステロールが使われますが、
コレステロールは加齢と共に硬くなってきます。

コレステロールの代わりに、オメガ3のオイルが血管壁に入ると
オメガ3は折れ曲がった形をしているので、
血管壁にすき間ができて酸素や栄養が通りやすくなります。

また、オメガ3の折れ曲がった構造がクッションになり、
血管が柔らかくなり、しなやかな構造になります。

 

◎以上で
オメガ3オイルで血行が良くなり、血管が柔らかくなることで、
全身の隅々まで血液が運ばれ、
余分な中性脂肪やコレステロールが使われ、
その結果中性脂肪やコレステロールが減ってくるのではないか
と考えられています。

まとめ

日本人の肉の摂取量は増えていますが、魚の摂取量は年々減っているので、
オメガ3脂肪酸の摂取も少なくなってきていると思います。

健康で長生きするためには、血管が柔らかいこと、血行が良いことは、必須の条件なので、
魚をよく食べて、オメガ3脂肪酸をたくさん摂取して、血管や血行をよい状態に
保っていきたいものです。

病気の予防や治療
スポンサーリンク
ranzanstをフォローする
笛吹きおじさんの、中高年が健康で快適に生きるための情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました