世界一肥満が少ない国は、主食がお米だったが、そのわけは?

ダイエット方法は、あまたの数がありますが
その中の一つに、糖質ダイエットがありますね。

糖質というと、お米やパンや麺に多く含まれています。
摂り過ぎた糖質が中性脂肪に変わり
太るので、ダイエットのためには糖質を制限しましょう
との理論です。

ところで、世界一肥満が少ない国はどこでしょうか?

世界 肥満

何とベトナムでした。(2009年までのデータです)

ベトナム人の主食は、そう「お米」、糖質です。

ベトナム人は、特に糖質を制限しているとも思われませんが
やせているのはなぜなんでしょう。

◆ベトナム人の一般的食生活

一般的ベトナム人は、
6時頃起床、朝食
12時に昼食、昼休みは2時間、昼寝
18~20時夕食

・1回に食べる食事量が少ないので、空腹になるのが早く
 間食を10頃や15時頃にとる。
 間食は、お菓子類ではなく、
 生のカットフルーツや屋台の生春巻き

・食事内容ですが、
  ベトナムでよく食べられる麺「フォー」も、米粉でできています。
「ブン」(ビーフン)も米粉の麺です。
 ベトナムのお好み焼き「バインセオ」、ちまき「バインチュン」も
 米が使われています。
・おかずは、肉や魚も食べるようですが、野菜が多いようです。
・肉や魚の食べ合わせには、たっぷり生野菜を添える。
・油を使うよりは、スープや鍋にする料理が多い。
・糖分の多い清涼飲料水は好まれず、薬草茶などが好まれる。
◆太らないベトナム人の食生活

ベトナム人の食生活をまとめると次のようになります。

〇米は食べるが、一度に多量に食べず、少量にして回数を増やしている。
〇肉や魚も食べるが、野菜を大量に摂っている。
〇油を使うより、スープや鍋にするので、低カロリー高タンパクの食事。
〇お菓子をあまり食べない。
〇清涼飲料酢はあまり飲まない。

◎肥満を気にしている方は、参考にされるといいですね。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク