デンマークが幸福な理由と、日本でもできることは何か?(その1)

国連の2016年度の「世界幸福度報告書」
(2016 World Happiness Report)の発表によると、

今年世界で「最も幸せな国」はデンマークでした。
(デンマークは、2013年、2014年も一位)

続いてスイス、アイスランド、ノルウェー、フィンランドと、
上位の多くを北欧諸国が占めています。

デンマークの幸福度が一位なのはなぜなんでしょう。

これは、しみさんのはなうた横町のブログによくまとめられています。

1.労働時間が短く週37時間(週5日×1日7時間ほど)
  有給休暇が6週間

2.女性の就職率70%以上

3.大学まで授業料が無料

4.医療費が無料

5.介護費が無料 などなど

ただし、税金は年収の1/3以上取られるようですが、
それでも、ゆりかごから墓場までと言われるように、
誰でも安心して暮らせる社会、何ともうらやましい限りです。

ところで、「マッチ売りの少女」の話知ってますよね。
この話は、アンデルセンが書いたものですが、アンデルセンはデンマーク出身です。

アンデルセン自身も貧しい靴屋の息子として生まれ、貧しい少年時代を過ごしています。

マッチ売りの少女は、最後は女の子が売れ残ったマッチを握りしめ、
ほほえみながら天国に行ったという話ですが、

決して幸せな話ではないのです。
一生懸命働いても貧困が抜け出せず、凍死してしまった、悲しい話です。

当時の(19世紀)貧困だったデンマークが描かれているわけです。

私たちの日本、戦後のどん底から経済成長をしてきましたが、
幸福度は下がっています。

国連の報告書によると日本の幸福度は、53位にランクイン、昨年の46位からさらに順位を7つ下げています。

また、先進国が加盟するOECD(経済強力開発機構)の調査によると、

OECD24カ国での日本の貧困率は、世界5位。

この貧困率は、
全国民の平均所得の50%以下の所得の家計の割合をだしているものです。

oecd%e8%b2%a7%e5%9b%b0%e7%8e%87

日本が、先進国で貧困国の上位にいると知り、ちょっとショックです。

日本の場合、
大企業や富裕層をもうけさせれば、その恩恵が一般庶民まで降りてくる
という政策ですが、ぜんぜんうまくいってませんね。

また、国の社会保証もとても低いですね。

消費税を10%にするのにも、抵抗する国ですから、
デンマークや北欧のような高福祉高負担型の社会は難しいでしょうね。

日本でも、所得も社会保障も上げて幸福になる方法は
ないのでしょうか?

しばらく、考えていきたいと思います。

まずは、日本の現実を知ることが幸福度を上げる第一歩になると思います。

日本は、幸福度が低く、貧困国だったんだ!

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク