ピンク筋とは何か?また簡単にできる、ピンク筋を増やしたり、鍛える方法を解説!

ピンク筋あまり聞き慣れない筋肉ですが
脂肪やカロリーを燃やす効率が最も高い筋肉なので、
ダイエットや血糖値を下げるのにうってつけです。
しかも、持久力とパワーのある筋肉。
これは、何としても増やしたいと思いますよね。

では、どうすれば、このピンク筋を増やしたり鍛えたりできるのでしょうか。
その方法を説明します。

まず、ピンク筋とはどういう筋肉なのかです。




★ピンク筋とは

筋肉には、赤い筋肉(赤筋)と白い筋肉(白筋)があります。
これは知っていると思います。

赤筋は遅筋とも言われてて、持久力がある筋肉ですが
一瞬で爆発的な力は出せません。


マラソンランナーは、持久力ですから、この赤筋を使いますね。

どうして赤いかというと、酸素を使って
ミトコンドリアという組織がエネルギーを作りますが、
酸素を運ぶヘモグロビンが多くて、その色です。

魚では、マグロ。
マグロはずっと泳いでないと死んでしまうので、
この赤筋が多いので、マグロは赤いです。

白筋は速筋とも言われて
短い時間しか力を出せませんが、瞬発力に優れた筋肉です。


短距離ランナーはこの白筋を使いますね。

魚ではヒラメ。
普段はじっとしていて
敵が来た時に一瞬のスピードで逃げる。
白筋を使うので、身は白いです。

なぜ白いかというと、無酸素で糖質からエネルギーを作るので
酸素を運ぶ赤いヘモグロビンがなくていいので白い。

で、ピンク筋というのは、

この持久力の筋肉(赤筋)と瞬発力の筋肉(白筋)の中間筋

ピンク筋

白筋に赤筋が増えることでピンク色に変化します。

サッカー選手はまさしく、ダッシュ力も持久力も兼ね備えた、
ピンク筋が発達していると言われています。

白筋は「糖」を燃やすんですが、

筋は「脂肪」を燃やんですね。

なので、ピンク筋は、「糖」と「脂肪」の両方を燃やすので、
ダイエットや血糖値を下げるのに効果がある夢の筋肉なんです。

★ピンク筋を増やすには

では、ピンク筋を増やすには、どうしたらいいのでしょうか。

それは、持久力のある白筋を鍛えて、パワーのある赤筋を増やすということです。

持久性の運動に、ある程度の負荷をかけた運動をする

とうことです。

具体的には

(1)スポーツならサッカーのような
持久力と瞬発力の必要な運動をするということですね。

(2)走れる人ではインターバル走
速く走るのと、ゆっくり走るのを交互にするといいです。

(3)特に日頃運動をしていない人では
一番身近な、毎日のウォーキングでいいですが、
ただし、少々負荷がかかる早歩きです。

(4)NHKのためしてガッテンで紹介されていた
ピンク筋のトレーニングは
超スローなスクワット=ピントレ」。
じ~っくり、長~くスクワットをすることでした。

次の動画を参考にしてください。

★さいごに

ピンク筋は、持久力と瞬発力をかねそなえ、糖と脂肪を燃やす働きもあるので
美容と健康と老化予防に優れた筋肉です。

ピンク筋は、スロースクワットや早歩きで増やしたり、鍛えたりできるので、
日頃がんばって増やして、健康な生活を送るために役立ててくださいね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク