十二指腸は、なぜ十二指なの? 実は指とは関係ない?その不思議な名前の由来とは!

「十二指腸」

ちょっと考えてみると、「十二の指?」
ん?
どういうこと?
って疑問に思いますよね。

ということで、十二指腸の名前の由来を探ってみました。




十二指腸の名前の由来

十二指腸って、まずどこにあるかというと、
胃と小腸をつないでいて
食べ物を消化する管です。

形は、Cの字の形で
長さは約25cm。

十二指腸という名前は、
ドイツの医学書「ターヘルアナトミア」を
日本人が、
あの有名な「解体新書」として翻訳したときに
作られた名前です。

十二指腸の元の言葉は、
ラテン語で、「 duodenum digitorum」
「12本の指の幅」とうことばで、

それをそのまま日本語に訳した
ということです。

そういうこと!

って納得してしまうと
おもしろくないです。

「本当に指12本分なの?」

って疑問をもってみてください。

私の指の幅は、人差し指だと16mmぐらい、
その十二本分だと、16×12=19.2cm

十二指腸の長さ約25cmにだいぶ足りない。

でも、12本の指の幅と最初に言った医師の指の幅は、
大柄の外人で、20mmくらいあったのかな・・・

でもでも、私の親指の幅だったら20mmあります。

それだと20×12=24cm
だいたい十二指腸の長さに一致するか・・・

十二指腸のもとになる指は、実は親指の幅だった!
かもしれません。

でも、どうして指の幅にしたのですかね?

そこで、元々は指ではなかったのでは?
という説があります。

「十二指腸」誤訳説

手の指は10本なので、
12本の指としたのは、
ちょっと不自然。

そこで、もともと「指」12本分ということではなかったのでは
という説があります。

12指ではなく、
「12インチ」誤訳してしまったのでは?
という説があります。

十二指腸は、

英語では「十二指腸」ではなく
「十二腸」と呼ぶこともあるようで、
英語で「12インチある腸」というのを
誤訳して12指としたのでは?
という説です。

1インチは、2.54cm
12インチは、30.48cm

これだと、ちょっと長いですが・・・・

しかし、十二指腸は、
古代ギリシャで、
ギリシャ語で「dodekadaktylos」
12の指

やはり、「指」と言われていたようなので、
十二の指なんでしょうか。

あとがき

十二指腸の名前の由来、
まあ真相はわかりません。

いまさら「十二指腸」の名前が変わることもないでしょうから
由来がどうあれ、このまま受け入れるしかないです。

でも、「十二指腸」で良かったと思います。

十三指腸、十一指腸、十指腸・・
どれもとっても言いにくいです。

やはり「十二指腸」がしっくりきます。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク