簡単だけど、うなぎをおいしく温める方法は、炊飯器や電子レンジも使えます!

今でこそ、夏の土用の丑の日はウナギを食べて、夏ばて解消だ、なんてことが当たり前ですが、もともとは、江戸時代に暑い夏の日にウナギが売れないので、ウナギが売れるように、「土用の丑の日にウナギを食べよう」と平賀源内が作ったキャッチコピーが始まりのようです。きっかけはどうあれ、夏ばて解消にウナギを食べるのは、栄養学的に理にかなっています。
さてそのウナギ、スーパーとかで買ってきたものを、温めておいしく食べる方法ですが、
いくつかありますが、紹介しますので、どれでも自分でできそうなもので試してみてください。

◆炊飯器で温める

炊きたてご飯があれば、これが一番簡単な温め方です。

1.ウナギを炊飯器のご飯の上に乗るように、適当にカットします。

2.それぞれラップでくるみます。

3.炊飯器のご飯の上に乗せます。

4.炊飯器のふたを閉めて、5~10分間ほど置きます。

5.ウナギの温まり具合で、時間は調節します。

※冷凍ウナギの場合でも、解凍してから同じように炊飯器に入れると、
ふっくらしたウナギになります。

※うな丼にするなら、ラップに包まないでそのまま、炊飯器のご飯の上に
しばらく乗せておけばいいです。

◆電子レンジで温める

炊飯器で温める方法の次に簡単です。

1.電子レンジに入れる皿に、適当にカットしたウナギを皮を下にして乗せます。

2.お酒を、ウナギがベチョーっとならない程度に少量振りかけます。

3.ラップをしないで、そのまま1分~1分30秒ほど電子レンジで温めます。
時間は、レンジのW数などで変わってくるので、調節してください。

・ちょっとねちょりするので、パリっとさせたい場合は、
さらにオーブントースターにアルミホイルをしいて、少し加熱するといいです。

◆オーブントースターで温める

1.ウナギがアミにくっつかないように、オーブントースターアルミホイルを敷きます。 そこに薄く油をしきます。

2.ウナギを皮を下にしておいて、軽くお酒を振ります。

3.低温でじっくり8分~10分ほど焼きます。

4.パリッとさせたい場合は、高温でさらに3~5分間焼きます。

◆フライパンで温める

1.フライパンに入るように適度にウナギをカットします。

2.フライパンに少ししわをつけたアルミホイルを敷きます。

3.お酒を軽く振ります。

4.フタをして弱火で3~5分間蒸し焼きにします。

5.パリッとさせたい場合は、そのあとフタを取って、皮がパリッとするまで、
少し焼きます。

◆魚焼きグリルで温める

1.ウナギがアミにくっつかないように、グリルのアミの上にアルミホイルを敷きます。 そこに薄く油をしきます。

2.ウナギを皮を下にしておいて、軽くお酒を振ります。

3.アルミホイルでウナギにフタをするようにして、弱火で、
蒸すようにじっくり焼きます。

4.カリッとさせたい場合は、蒸し焼きの最後の方で、アルミのフタにしていたところを外して、カリッとするまで焼きます。

あとがき

ウナギを温める方法、色々ありますが、個人的には”火”を使った、フライパンや魚焼きグリルで温める方法がおいしく感じます。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク