サツマイモでおならが増えるわけと、便秘に効く人・逆効果な人がいるわけ

サツマイモと聞くと、
「おなら」をイメージすることが多いですね。

では、なぜおならがでるのでしょう。

サツマイモの主成分はでんぷんですが、
米や小麦のでんぷんと比べると消化が遅いです。

消化が遅いと、胃腸のぜんどう運動の回数が増えて
腸で発生するガスの量も増えます。

また、

サツマイモの食物繊維も
ぜんどう運動を活発にさせるので、
さらにガスの発生が増えて、おならになるようです。

サツマイモと聞くと
「食物繊維」が多くて便秘にいい
というイメージもあります。

さらに、サツマイモには、
「ヤラピン」という成分が
は腸の蠕動運動を促進し、
便をやわらかくする効果があります。
(サツマイモのヤラピンは、
サツマイモを切ったときにでる、
白い液体に含まれます。)

でも、うちの奥さんは、
サツマイモを食べると
よけい便秘になるので、
サツマイモをあまり食べたがりません。

なぜなんでしょう。

それは、食物繊維にも種類があるためです。

実は、食物繊維には、水溶性と不溶性
の2種類があります。

○水溶性食物繊維は、水に溶けて
ドロドロのゲル状に変化します。
胃や腸でゲル状になることで、
その粘性が便通を良くします。

○不溶性食物繊維は、水に溶けにくく、
胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。
それにより便の量が増え、
腸を刺激して便通を促進します。

軽い便秘の人は、水溶性でも不溶性でも
食物繊維が便秘の改善になります。

しかし、

便秘がひどい人では、
腸の中は食べ物のカスで元々狭くなっています。
そこに不溶性の食物繊維が来ると、
水分を吸収してふくらみ、
さらに詰まって
かえって便秘を悪化させてしまうためです。

サツマイモの食物繊維は、不溶性なので、
便秘のひどい人は、水分を吸収され、ふくらみ、
かえって便通が悪くなるというわけです。

ヤラピンの効果も出にくいということですね。

ひどい便秘の人がサツマイモをどうしても食べたい場合は、

1.食べる量を少なくする
2.水分を補充しながら食べる
3.水溶性の食物繊維を含む。
キウイ、バナナ、海藻類などを一緒に食べる。

以上のことを行ってみてください

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク