2018年の年賀状・喪中はがき・私製年賀状の料金は?注意点!

はがきって、ほとんど使わないからうっかりしてたけど、52円から62円に値上がりしていました。先日、うっかり去年のハガキを出したら料金不足で戻ってきました。

でも、2018年の年賀状は特例で52円です。でも色々注意点があるので注意してください。

☆2018年の年賀状っていつからいつまで出せばいいの?

2017年12月15日~2018年1月7日の間です。

この期間以外だと62円になってしまうので注意です。

1月7日の夜にポスト投函したものは、52円で大丈夫です。
もっと正確に言うと、1月8日の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものに ついては52円でOKです。

☆喪中はがきを出す場合の料金は?

→喪中はがきは、通常のはがきとおなじ62円です。

☆私製年賀状の料金は?

→ 自分で作った年賀状の表の見やすい位置に「年賀」の文字を明瞭に朱記してあれば、
  12月15日~1月7日の間であれば、年賀はがきの料金52円になります。
→ この場合、間違って62円切ってを貼った場合は、そのハガキと身分証の提示で
郵便局で切手か現金で返却できます。

☆昨年(前年度)の余った年賀状は今年(今年度)の年賀状に交換できるか?

→ これはできません。
通常のはがき・切手には交換できます。その場合一枚につき5円の手数料がかかりま  す。

☆通常のはがきを、年賀はがきに交換できるか?

→ これもできません。

☆喪中になり使えなくなった年賀状の交換は?

→ 手数料なしで、通常のはがきや切手類に交換してもらえます。

☆海外に年賀状を出す場合の料金は?

→ 国際郵便はがきは、どこでも70円です。
52円の年賀状を使う場合は、差額の18円分の切手を貼ればOKです。

☆普通紙の年賀状を購入してしまった場合、インクジェットに交換できるか?

→ 当年度発行の年賀状なら、無料で交換できます。

☆年賀状を安く買うには?

→ 金券ショップで、例年48円~50円程度で販売されています。
大量に購入される場合は、金券ショップを利用されるといいでしょう。
私も、いつも金券ショップで購入しています。

☆どういう年賀状がうれしいか?

→ まずうれしくないのは、すべてパソコンで印刷されてあるもの。
これはもらわなくてもいいですね。まあ、生きている確認になるくらい。

ひとことでもいいので、肉筆で何か書いてあるとうれしいですね。
あと、手作りのアート的な作品。これはめったにないですね。

☆ひとこと

世の中、すべてデジタル化が進んで、年賀状を書く人も激減してると思います。
特に若い世代では、年賀状を書く人なんかかなり貴重じゃないですかね。

でも、年に1回ぐらい、アナログ的な”はがきに手書き”の年賀状って、かえって新鮮ではないでしょうか。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク