インフルエンザ予防に手袋・マフラーで厚着をするのはNG?

ヒルナンデスで、クリニックのお医者さんが、
「インフルエンザ予防に、手袋・マフラーで厚着はNG」と言っていましたが、

「え、なんで、なんで?」ってとても疑問に思いますよね。

1.なぜ手袋・マフラーで厚着はNG

結論から言うと、

手袋・マフラーで日光から皮膚が隠れてしまい、
日光で皮膚で作られるビタミンDが作られなくなるため

ということ。

顔がでているからいいじゃないのと思いますが、
女性の場合、お化粧で日光がさえぎられます。

皮膚に日光が当たると、ビタミンDが作られます

ビタミンDは、最近インフルエンザ予防の効果があることがわかっています。

皮膚に日光をあててビタミンDを作るのはいいと思いますが、
手袋・マフラーがNGとまでは、言い過ぎではないかと思いました。

2.手袋・マフラーも必要では!

1日に必要なビタミンDを作るには、日光浴は20分ほど
でいいようなので、
あとは、手袋・マフラーをしていてもいいわけです。

やはりらだの冷えは免疫力を低下させるので、

手袋・マフラーで体が冷えないようにするのは、
インフルエンザ予防からも必要と思います。

雪国では、毎日曇天で、何日も日照がないことも少なくないです。
そんなところでは、日光浴はできないので、
手袋・マフラーで保温し、免疫力を低下させないことは大事ですね。

3.ビタミンDを増やすには

からだの中のビタミンDを増やすには、日光浴だけでなく、

ビタミンDのサプリメントを摂る

ビタミンDの多い食品を摂る

でもいいと思います。

また、私が治療で使っている光線治療器は、太陽光線に近い光を人工的に作りますので、
この光線治療器の光を浴びるのもいいと思います。

光線治療とは




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク