原因不明のじんましんの治療は、糖質を減らせばよいかもしれない

近所の60歳ぐらいのおばさんです。
もともと、アボカドやメロンやすいか、ナッツなどに
食物アレルギーがあるので、
それらを食べなければ大丈夫らしいのですが、

去年くらいから食べ物に関係なく
全身にじんましんが出やすくなり、
皮膚科では、原因がわからないので、
抗ヒスタミン剤とステロイドが処方されたそうです。
薬を塗ると一時的にはいいけれど、
治らないからやめたそうです。

このおばさん、
とても食いしん坊で、
ごはんでも肉でも魚でも野菜でも食べる食べる
そのうえ甘いものも大好き、
間食も2回ぐらい。

糖尿病はないと言っていましたが、
血圧が高い、コレステロールが高くて薬を飲んでいるそうです。

太ってもいませんでしたが、
健康を気遣って
昨今の糖質制限の記事をみて
糖質を減らしたそうです、
また、間食のスイーツもやめたそうです。

そうしたところ、
原因不明のじんましんが良くなってきたそうです。

原因不明のじんましんの原因

溝口徹医師の「アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる!」
の本読みました。

この本によると
甘いものや糖質(ごはんやパンや麺)を取り過ぎると
①血糖値が急上昇
②血糖値を下げるためにインシュリンが分泌
③今度は、血糖値が下がりすぎるので、
 アドレナリンやコルチゾールといった
 血糖値をあげるホルモンが分泌される。
④これを繰り返していると
 膵臓や副腎が疲れてくる。
⑤副腎から分泌されるコルチゾールは、
 体内で作られるステロイドホルモンです。
 アレルギーにも効果がありますが、
⑥副腎が疲れるとコルチゾールの分泌が悪くなり、
 アレルギー症状が出やすくなる。

 という理論です。

このおばさんのじんましんが、
何かのアレルギー性と考えると、
甘いものや炭水化物の食べ過ぎで
膵臓や副腎が疲れて、
アレルギーに対する
コルチゾールの分泌が悪くなっていたとも
推測できます。

◎原因不明のじんましんがでる場合は、
 とりあえず、甘いものやごはん・パン・麺類などの
 炭水化物を減らしてみるのが良いかもしれません。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク