高齢者への肺炎球菌ワクチンの効果と持続性と必要性

西田敏行さんが盛んに
65歳からの肺炎予防で
肺炎球菌ワクチンのCM流していますよね。

私の住んでいる市の広報には、
引用

肺炎球菌は、高齢者の肺炎を引き起こす原因
となることが多い菌です。ふだん健康なときに
も口の中などに常在していることが多いので、
体力が落ちているときや、加齢に伴い免疫力が
弱くなったときなどに肺炎を引き起こします。
この菌による主な病気には肺炎のほか、気管支
炎、中耳炎、髄膜炎などもあります。
肺炎球菌による感染症の治療には抗菌剤が使
われますが、近年、抗菌剤が効きにくいタイプ
の菌が増えていると言われていますので、感染
する前に予防することが重要です。
まだ予防接種がお済みでない方は、
体調の良い時期に接種しておくことを
お勧めします。

引用終わり。

自治体からの助成金も出て、
私の市では、接種回数1回、接種費用5000円
(8000円のうち3000円を市が補助)
それじゃ、65歳以上の人は、
接種しようかなと思うかもしれません。

ワクチンの効果の持続性ですが、
1ヶ月後で最高値となり、
その後4年間はあまり低下せず、
5年後にはピーク時の80%にまで効果が低下し、
以後徐々に低下する。と言われています。

65歳以上の高齢者の死因の第3位は肺炎で、
確かに肺炎は注意しなければならない病気です。

しかし、

65歳以上の高齢者の肺炎の原因は、
ほとんどが、「誤嚥性肺炎」で、
肺炎球菌ワクチンでは防げない。

(96%が誤嚥性肺炎によるものというデータがあります。)

誤嚥性肺炎とは、誤って気管に食べ物や唾液が入り、
それについていた細菌で炎症を起こす肺炎です。
高齢になると、食べ物の飲み込みの作用が
うまくいかなくなってきて、
この誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

また、

肺炎球菌は90種類以上ありますが、
肺炎球菌ワクチンでは、
そのうち23種類にしか対応していない。

さらに、

高齢者の肺炎の原因となる細菌は、
肺炎球菌だけではなく、他にも多数ある。
(連鎖球菌・肺炎桿菌・ブランハメラ菌
緑膿菌・腸球菌、レジオネラ菌などなど)

肺炎球菌ワクチンでは防ぎきれません。

肺炎球菌ワクチンを打つ前に
高齢者の肺炎予防になることは、
次のようなことだと思います。

◎高齢者の肺炎はほとんどが誤嚥性肺炎なので、
 まず、口腔ケアをやる方が先です。

・食後の歯磨きを徹底させて口内細菌を減らす。

・入れ歯を使用している場合は徹底的に入れ歯の殺菌、
 また入れ歯がよく合っているかチェックする。

・誤嚥は舌骨を支える舌骨筋の衰えからくるので、
 良く噛んでこの筋肉を鍛える。

さらに、
◎細菌による炎症を起こさせないために、
 体力・免疫力を低下させないことが大切です。
 (栄養状態を悪化させない・適度にからだを動かす
  からだを冷やさないことなど)

肺炎球菌ワクチンが効くとしても、
ごく一部です。

高齢者は、肺炎球菌ワクチン以外で
肺炎を予防することが大切です。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク