抗ガン剤(パクリタキセル)の副作用のしびれが改善した方法

私たちの診療所では、長年副作用のない自然療法をしています。
ガンの患者さんも多く、ガン自体は自然療法でも治せないのですが、
抗ガン剤の副作用の軽減などには、役立っています。

抗ガン剤の副作用は、色々ありますが、
手足のしびれで困っている方も大勢いると思います。

今回は、抗ガン剤の副作用での手足のしびれが、
私たちの行っている自然療法で改善した例を紹介します。

患者さんは、70代の女性です。

今年の3月ごろ、お腹がふくれてきて病院に行ったら
「腹水」でした。

最初原因がわからなかったのですが、

「卵巣がんからの、大網転移」でした。

大網っていうのは、
胃の下側から腸の方へエプロンのよう垂れ下がった腹膜です。
ここにガンが転移すると炎症を起こして水がたまるわけです。

実はこの方、ご主人もご病気で、5年間も介護をしていたんです。
その心身の疲労から、体力も免疫力もがた落ちでしょう。

ご主人のことでたいへんなのに、
ご自身も大病にかかり、二重のショックです。

病院で子宮・卵巣・大網を手術で切除しました。
目に見えるガンは切除できましたが、
再発予防で、抗ガン剤治療が始まりました。

抗ガン剤は、パクリタキセル(タキソール)で、
副作用は次のようにいろいろありますが、

この方には、
・足のだるさ
・息切れ
・脱毛
・手足のしびれ

が主な副作用で現れ、
日常生活がとても苦痛になってきました。

さらに追い打ちをかけるように、
5年間介護していたご主人にも先立たれ、
ひとりで、とても不安な日々を過ごしていたようです。

そんなとき、お姉さんが私たちの自然療法を知ってて、
私たちの診療所の受診を勧めてくれたそうです。

私たちが行っている自然療法は、光線療法というものです。
(→光線療法とは、を参照してください。)

簡単に説明すると、
太陽光線に近い光線を人工的に治療器で作り出し、
その光線をからだに照射して、自然治癒力を高める療法です。

実際には、光線治療器という治療器を4台使って、
からだのあちこちに、合計30~40分間くらい
人工の太陽光線を照射します。

この方は、週2回ぐらい診療所に通院されました。

足のだるさや息切れがあるので、
通院も大変そうしたが、
治療をすると元気になる感じがありました。

通院中に、最後の抗ガン剤治療がありました。
毎回抗ガン剤治療をすると、しびれが強くなるようでしたが、
今回はしびれが強くならないで、逆に軽くなった感じがあって、
驚いていました。

通院4回ぐらいで、手足のしびれが軽くなっている実感があったようで、
手は、しびれて包丁がうまく使えなかったのが、
しびれが軽減して、千切りができるようになった」って喜んでいました。

息切れや足だるさも徐々に改善してきました。

1か月後の血液検査で、
白血球が2700→4000
血色素量(ヘモグロビン)が7.6→10.3

抗ガン剤治療が終わったということもありますが、
その他の数値も短期間にとっても改善していて
担当医も驚いていたようです。

やはり、
私たちの自然療法が効果があって、
治癒力が高められたんでしょうね。

その後3カ月の通院治療で、
足のしびれは、両親指に少し残るのみ、
手のしびれは、ほとんど気にならないくらいになりました。

その後も体調はよさそうで、
とても大病を患ったようには見えません。

体重も、病気になる前は65kg
一時43kgまで減りましたが、
通院半年後には、62kgまで戻りました。

抗ガン剤による手足のしびれは、
抗ガン剤が終了しても、なかなかとれない方がいると思います。

この方は、私たちの自然療法が効いて、
手足のしびれがほぼとれて、
元気になられて、ほんとうに良かったと思います。

私たちの自然療法の光線療法は、
家庭用の光線治療器もあるので、
自宅で行うこともできます。

抗ガン剤の副作用の手足のしびれでお困りの方は、
ぜひ、光線療法も役立てください。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク