健康のため、腸内細菌と酵素を増やす方法はこれだ!

腸内細菌って良く聞くけど、
どういう働きをしているかは、
よく知らないよね。

実は、腸内細菌は、
ヒトが生きていく上で必要不可欠な
「酵素」を作ってくれているんだ。

そのおかげで我々は生きていけるんだ。

今回は、腸内細菌と酵素についてまとめてみたよ。

スポンサー

1.酵素とは

我々のからだの中では、
食べ物の消化や吸収や、
からだを動かすエネルギーを作るのに、
無数の化学反応が行われているんだ。

たとえば、胃の中で行われているタンパク質の消化。

これを、試験管内で行おうとすると、
濃い塩酸の中で、丸1日、100℃ぐらいに熱しないと
できない。

からだの中では、これを、
体温の温度で、数時間で
やってしまうんだ。

とっても不思議。

それを可能にしているのが「酵素」だよ。

2.腸内細菌と酵素の関係

酵素には、からだが作る、
消化や吸収によい「消化酵素」
栄養素をからだに使いやすいように変換する
「代謝酵素」がある。

腸内細菌も酵素を作るんだけれど、
その量はからだで作られる酵素の
約150倍もあるんだって。

驚きだね。

「腸内細菌は隠れた臓器」などと呼ばれたりする。

腸内細菌は、からだで作られる以外の酵素も作る。

たとえば、人間には消化できないといわれていた
「セルロース」(食物繊維)。

これは、腸内細菌の作る酵素で、
ある程度分解出来ることが
最近わかったらしい。

スポンサーリンク

3.腸内細菌の善玉菌を増やす効果とは

腸内細菌の善玉菌がつくる酵素は、
からだにプラスに働き、
悪玉菌が作る悪い酵素は、
からだにマイナスに働く。

だから、善玉菌を増やすのが大切だ。

善玉菌を増やすと、次のようないいことがある。

(1)代謝が上がってヤセやすくなる
   善玉菌の中に、
   代謝をあげる「ヤセさせ菌」なるものがあるんだって。

(2)肌がプルプル、髪はツヤツヤ
   善玉菌により、腸内毒素が分解・排出され、
   皮膚や髪がきれいになる。

(3)免疫力が上がる
   腸には免疫細胞の70%が集まってて、
   善玉菌が増えると、免疫力が上がる。

(4)眠りが深くなる
   眠りが浅い人は、善玉菌の「ビフィズス菌」が少ないらしい。
   ビフィズス菌を増やせば、睡眠もよくなる。

(5)幸福感がアップ
   神経伝達物質の「セロトニン」は、
   幸せホルモンで、
   幸福感がアップする。

   セロトニンは脳だけでなく、腸でも作られるので、
   善玉菌が増えれば、
   幸福感もアップするよ。

(6)便通が良くなる
   腸のぜん動運動が活発になって、
   便通がよくなるよ。

   若さを保つには、
   善玉菌を増やして腸内環境を良くするのだ大切でね。

4.良い酵素を作るための善玉菌を増やす食材とは

腸にいい食材は、大きく次の4群がある。
毎日、バランスよく摂れるといいと思う。

(1)善玉菌を増やす食材

野菜・果物・穀類・海藻・豆類・ヨーグルト・オリゴ糖

(2)活性酸素の増加を抑える
活性酸素が腸内を酸化させ、腸内細菌のバランスを悪くするよ。
   活性酸素の発生を抑える食材・・野菜・果物・卵黄・ナッツ類・魚貝類

(3)腸を温める
腸が冷えると、腸内細菌のバランスが崩れるので、腸を温める
   食材がいい・・肉・魚・しょうが・とうがらし・シナモン

(4)発酵食品
納豆・キムチ・つけもの・塩から・チーズ・甘酒

◎まとめ

人間の細胞って、約60兆と言われているけど、
腸内細菌は何と、1000兆以上と言われているよ。
その腸内細菌がつくる酵素によって、
我々のからだの生命活動が維持されているわけなんだ。

腸内細菌と共存共栄しているわけだからだ、
腸内細菌は大切にしないといけないね。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク