紫外線対策に良い食べ物と食べ方のこつと、朝食に食べた方が良い食べ物、食べない方がいい食べ物

今年も、紫外線が気になる季節になってきました。

紫外線対策というと、UVカットクリーム、帽子、傘などですが、実は食べ物でも紫外線対策になります。逆に紫外線を吸収しやすくる食べ物もあるので注意が必要です。

出かける前の朝に、紫外線対策として食べた方がいい食べ物、食べない方がいい食べ物をまとめました。参考にしてください。

紫外線は皮膚が老化するので、食べ物でも紫外線対策ができるならやっておきたいですね。




紫外線対策と食べ物の関係

紫外線対策には、UVカットクリーム・化粧品・洋服・帽子・サングラスなどのグッズで
ある程度は紫外線は防げますが、完全には紫外線を遮断できるわけではありません。

そこで、からだの内部からも紫外線を浴びても
ダメージ受けにくい身体づくりをする必要があります。

そのために紫外線に負けない身体づくりには、
食べ物を選ぶことでもでもできます。

また食べてもいいけれども、
食べるタイミングを間違えると
紫外線の影響が増幅されてしまうことがあるので、
食べるタイミングも注意しないといけないことがあります。

紫外線対策のために食べた方が良いもの

シミやそばかすを予防するビタミンC

ビタミンCにはメラニンの生成を抑え、シミを予防する働きがあります。

紫外線を浴びたりストレスが溜まったりすると、
皮膚の奥のメラノサイトというところで
メラニン色素が作られシミになります。

ビタミンCは、メラニン色素が作られる過程で、
酵素の働きを抑えるので、
メラニン色素ができないようにしてくれます。

ビタミンCを摂るにはミカンやイチゴなどの果物類や野菜がいいですね。

肌の老化や荒れを防ぐβカロテンやビタミンE

βカロテンビタミンEは、肌の老化や荒れを防いだり、修復する作用があります。
βカロテンとビタミンEはカボチャやニンジンなどの緑黄色野菜を摂るといいですね。

肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2や亜鉛

肌の新陳代謝を活発にするのは、ビタミンB2亜鉛です。

ビタミンB2は、納豆や卵、牛乳に多く含まれます。
また、亜鉛は魚介類や肉類に多く含まれています。

活性酸素除去に抗酸化作用のある食べ物

紫外線で活性酸素が作られると、皮膚でのメラニンが増えて、シミの原因になります。

活性酸素の除去には、抗酸化作用がある食品を摂ることです。

抗酸化作用のある食品は、トマトなどに含まれるリコピンや、いちごやザクロに含まれるエラグ酸、エビや鮭、カニなどに含まれるアスタキサンチンなどです。

紫外線対策のために食べない方が良いもの

逆に紫外線対策のために、
食べすぎない方がいい食べ物があります。

それは、糖質カフェインを多く含む食品。

なぜかというと、

糖質で血糖値が急激に上がると体内で活性酸素が発生します。

活性酸素は、メラニンの生成を促進する物質なので、
紫外線対策でメラニン色素を作らせないために、
血糖値を急激に上げる糖質は控えた方がいいです。

糖質というと砂糖だけではなく、
ごはん・パン・麺類などの炭水化物にも糖質が多いので注意が必要です。

また、炭酸飲料・スポーツ飲料・スナック菓子などにも糖分が多いので
注意が必要です。

世の中、糖分を含む物が満ちあふれていますので、なかなか制限するのは
難しいと思いますが、
紫外線によるシミの予防のためには、注意したいですね。

砂糖は精製されていると余計に血糖値が上がりやすいので
ハチミツや、玄米水飴などを使うのがオススメです。これらの甘味料には、
活性酸素を作る働きは少ないです。

糖質の他にも過剰な摂取を控えた方がいいのは、カフェインです。

カフェインがなぜ紫外線対策によくないかと言うと、
過剰摂取は睡眠不足と血行不良を引き起こします

紫外線で痛めた肌の再生は、夜寝ている間ですが、
カフェインの摂りすぎで睡眠不足になると、
紫外線で傷ついた肌の修復が出来なくなります。

血行不良も、肌の新陳代謝が悪くなるので、
肌の修復ができなくなります。

カフェインが含まれるコーヒーやお茶には、
身体にいいポリフェノールも含まれているので、
全然飲まない方がいいというわけではありませんが、
紫外線が気になる季節にはカフェインを取り過ぎないように注意しましょう。

食べるタイミングに気を付けた方が良いもの

紫外線対策の食べ物で、
紫外線を吸収しやすくする物質があります。

それがソラレン。

ソラレンを含んでいる食べ物はを食べて紫外線にあたると
紫外線を吸収しやすくなすので、注意が必要です。

ソラレンを含む食べ物は、

レモン

グレープフルーツ

オレンジ

キュウイ

パセリ

セロリ

など

これらの食べ物はビタミンCやEをたくさん含んでいるので、
紫外線で傷んだお肌の修復にはいいのですが、

日に当たる前に食べると、紫外線を吸収してしまうので注意です。

ソラレンは食べてから2時間後に働きがピークになります。

朝~日中はあまり食べない方がいいと思います。
夕食で食べるのはいいですね。

朝食べても大丈夫なフルーツや野菜は、

リンゴ
バナナ、
イチゴ、
トマト
レタス
キャベツ、
ニンジン、
大根、
カボチャ、
ごぼうなどです。

紫外線と食べ物の関係を知って、
食べるもの、食べる時間帯を気をつければあ
身体の中からも紫外線対策ができますね。

まとめ

紫外線対策では、食べ物でも身体の中から対策ができることがあります。
紫外線対策のグッズと組み合わせれば、より効果的な紫外線対策になりますね。

これからの紫外線の強くなる季節、是非参考にしてみてください。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク