サラダ油は危ない!ガン・認知症・心臓病・アレルギーの原因に!

長年、「動物性の油や肉は取りすぎるとからだに良くない、コレステロールの摂取は控えたほうよい、サラダ油のような植物油はヘルシーでからだにいい!」ってすり込まれてきました。

でも最近、サラダ油はからだに危険で、ガン・認知症・心臓病・アレルギーの原因になるから今すぐやめないさい!って本やネット情報があふれています。

とりあえず、我が家もサラダ油はやめましたが・・・

★いったいサラダ油の何が悪いの?

-サラダ油って、リノール酸が多いのが特徴ですが、まずそのリノール酸がからだに良くないようです。

出典:奥山治美「オリーブオイル・サラダ油はやめなさい!」

★リノール酸って食事からとらなければならない必須脂肪酸では?

-たしかにリノール酸って必須で、不足すると成長が止まったり、生殖不能になったり、毛が抜けたり、皮膚に障害がでたりします。
-リノール酸は体内に入ると酵素により「γ-リノレン酸」に、そして「アラキドン酸」)に変化していきます。アラキドン酸は、脳の発達や正常機能に欠かせません。

★じゃあ、リノール酸って、いっぱい摂った方がいいんじゃないの?

-アラキドン酸は、脳に作用するんですが、一方ホルモン様の物質を作って、これが体内で炎症を起すので、これが問題になります。

-血中のアラキドン酸が多いほど、顔のシミやしわが増えるので、アラキドン酸は特に女性には大敵です。

-高齢者では、アラキドン酸が筋肉を減らすので、高齢者にも問題です。

出典:奥山治美「オリーブオイル・サラダ油はやめなさい!」

★リノール酸とアレルギーの関係は?

-アレルギーは体質もありますが、そこにリノール酸からできるアラキドン酸が作用すると炎症が悪化しやすくなります。アレルギーはこの20~30年で激増していますが、
原因のひとつに、リノール酸の摂りすぎがいわれています。

★リノール酸とガンの関係は?

-われわれのからだの中では、健康な人でも毎日がん細胞が生まれていますが、多くは免疫細胞で処理されます。
ところが、アラキドン酸が増えて頻繁に炎症を起こしていると、がん細胞が発生しやすくなり、免疫細胞での修復もされにくくなってきます。

★リノール酸と心臓病や動脈硬化との関係は?

-昔は、コレステロールが動脈硬化を進行させ、心臓病や脳血管障害を起こすので、
コレステロール値を下げるサラダ油をとろう、ということになっていたのですが、
そのサラダ湯こそが、動脈硬化を進行させる元凶だったとは・・
-動脈硬化は、コレステロールが原因ではありません。コレステロールが炎症により酸化されてしまうことで、動脈硬化がすすみ、心臓病・脳血管障害を引き起こします。

★サラダ油の他の弊害は?

-サラダ油の原料で多いのは、大豆。この大豆をしぼっただけでは20%くらいしか油にならないので、しぼりかすに溶剤を使って油を抽出しているようですが、その溶剤が、「ヘキサン」とか「ヘプタン」とかというもので、からだに毒性があるといわれています。

-また最近では、サラダ油を製造する場合の高温処理で、「ヒドロキシノネナール」なる物質が発生していて、これが脳細胞を破壊して、アルツハイマー病の原因になっていると、学会で発表されています。

★サラダ油は全く摂らない方がいいの?リノール酸は不足しないのか?

-サラダ湯を摂らなくても、リノール酸は不足することはありません。日頃食べている米や大豆製品等にも入っているので、サラダ湯からあえて摂る必要はありません。
-問題なのは、リノール酸の摂りすぎです。
-加工食品、例えばチョコレート、アイスクリーム、食パン、スナック菓子などの原材料を見ると、植物油脂の記述があれば、リノール酸が含まれます。
-昨今リノール酸を含む食品はたいへん多いので、摂りすぎないように注意した方がよいです。

出典:奥山治美「オリーブオイル・サラダ油はやめなさい!」

★サラダ湯の代わりに何油を使えばいいのか?

-からだにいいと言われる油は、魚の脂に含まれるEPAとDHA
-EPAは、血管をしなやかにしたり、血栓予防などに
-DHAは、「能力」UP,ボケ予防などに、
-植物油でも、αリノレン酸を含むものは、αリノレン酸がからだの中で、EPAとDHA
に変化するので、サラダ湯の代わりにいいです。
-αリノレン酸が多い植物油は、「エゴマ油・しそ油・亜麻仁油」です。

出典:奥山治美「オリーブオイル・サラダ油はやめなさい!」

★サラダ油がからだに良くないのに、国やマスコミがなぜ問題にしないの?

-日本脂質学会という組織が、脂質と健康の研究や情報をたくさん出しています。
リノール酸の摂りすぎの害について、1992年から警鐘を鳴らしていたようですが、われわれ一般庶民は認識していませんでした。最近ですよね、サラダ油が良くないってようやく知られてきたのは。
これは、国や多くの医学会が真実をあまり伝えたくないという姿勢があります。

-国民の健康に経済がからんで、ゆがめられている。ということがあります。
日本は、アメリカやカナダなどから、大量に大豆やコーン等のサラダ油の原料を輸入しています。また、サラダ油を製造している企業の利益の問題があります。国や企業の都合で、情報が操作され、真実がゆがめられます。医学界を動かすのも、大企業のお金です。病人が増えた方が、製薬会社や病院は儲かります。
資本主義社会では、健康よりお金が優先してしまうしくみが残念ながらあります。

関連記事

◎まとめ

・サラダ油の過剰摂取が、体内で炎症を引き起こし、ガン・認知症・心臓病・アレルギー等の
原因になる。

・サラダ油の摂取、サラダ油を使っている加工食品の摂取は過剰にならないように注意する。

・サラダ油の代わりになるのは、魚の脂・エゴマ油・しそ油・亜麻仁油。

・資本主義社会では、経済が優先して正しい健康情報も流れにくいので、自分で調べる必要
がある。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク