梅雨前線って何?どうして停滞するの?梅雨入りと梅雨明けの仕組み。

今年も、梅雨のうっとうしい季節になってきました。
日本は、どうして毎年毎年決まって梅雨のうっとうしい季節があるの?
って疑問に思いませんか。

また、梅雨時期、梅雨前線ってよく聞くけど、
どういうものなの?
どうしてずっと日本列島に居座っているの?
って疑問に思いませんか?

この記事では、その解明と説明をします。

まず、前線とは何か?です。




◆前線とは

前線とは、簡単に言うと、

暖かい空気と冷たい空気がぶつかった場所です。

前線ができると、天気が悪くなります

どうしてかって言うと、暖かい空気と冷たい空気がぶつかると、
暖かい空気は上に押し上げられ、冷たい空気は下にもぐりこみます。

暖かい空気が上に押し上げられて上昇気流ができると、
雲が出来やすくなります

そうなると雨が降りやすくなります。

◆梅雨前線とは

春から夏の間に、日本列島にできる前線が梅雨前線です。

梅雨前線の元は、

オホーツク海高気圧(オホーツク海付近の冷たい空気)と

太平洋高気圧(小笠原諸島付近の暖かい空気)

がぶつかってできた前線と一般的には説明されています。

でも、実際天気図を見ると、梅雨前線って西の方までずいぶん長いので、
不思議だなと思っていました。

実は、中国大陸の方の冷たい空気(大陸気団)
太平洋高気圧とぶつかって前線を作っていたんですね。

日本では、梅雨前線が1か月以上も日本列島に停滞しますが、
これは必然なんでしょうか?

◎梅雨前線はなぜ、停滞するのか

6月頃って、

オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の力が同じくらいの強さでで、

両者拮抗しているので、あまり動かないで停滞してしまうんですね。

拮抗すればするほど、梅雨が長引いてしまうってことです。

梅雨前線が停滞して梅雨があまり長引いて欲しくないですが、
空梅雨も水不足になり困りますし、
梅雨がすぐあけて猛暑っていうのも困りますね。

梅雨時期は、毎年どこかで水害でたいへんな被害がでていますよね。

適度な雨量で、適度な期間で梅雨って終わってほしいものです。

◎停滞前線とは?

停滞前線とは、動きが遅くてあまり動かない前線のことです。
梅雨前線は、停滞前線のひとつです。

◎秋雨前線との違い

秋雨前線のできるしくみは、梅雨前線と同じです。

違うのは、発生する時期だけです。

毎年9月上旬から10月中旬にできる停滞前線が、秋雨前線です。

◎梅雨のしくみ

・梅雨前線はすでに4月後半ごろにできます。

この頃は、オホーツク海気団の方が強いので、
前線は、日本より南の上空です。

・5月頃から
小笠原気団の力が強くなって、前線が北へ上がってきます。

・6月頃から
最初に沖縄や奄美諸島に前線がかかります。
このタイミングで、「数日間雨が降ると予想される」と気象庁が判断すると、
「梅雨入り」となります。

・6月後半ごろから
南の小笠原気団はさらに力が強くなり、前線を徐々に北に押し上げます。

梅雨前線が北上してえ、沖縄の方から前線がかからなくなる地域がでてきます。現れ始めます。

その地域で「梅雨前線が遠ざかって、数日間晴天が続く」と予想されると、
気象庁からその地域の「梅雨明け」宣言が発表されます。

以上が梅雨のしくみです。

さいごに

日本は、地球上の地理的条件で、梅雨は免れませんが、

恵みの雨となっている場合もあるし、

災害は困りますが、梅雨にも上手につきあうしかないですね。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク