カレーの冷蔵庫での保存は何日もつ?食中毒にならないためのカレーの保存方法!

カレーは、多めに作ることが多いので、残りを冷蔵庫で保存することがよくあると思います。そこで、何日ぐらい冷蔵庫で保存できるのか気になります。

ネットの書き込みを見ると、「2、3日くらいかな」、「1週間はもつ」というのもありますが、正確なところが知りたいところです。

これは保存条件で変わってくると思いますが、特に夏場は食中毒が怖いので、カレーの
保存については、注意をする必要があります。
食中毒を起こさないような保存方法と保存期間をまとめています。




カレーでの食中毒を起こす菌

カレーで食中毒を起こす菌の代表は、「ウェルシュ菌」

川や海、下水、土の中などの自然界、動物の腸内にもいる細菌です。

この菌は、空気を嫌う性質があるので、
カレーやシチューの鍋底のような酸素が少ない環境で増殖します。

それといやらしいのは、

硬い殻を持った「芽胞(がほう)」という形態に変身することです。

この芽胞形態だと、通常状態とは違って高温にとても強く、
100度で数時間加熱しても死なないというクセもの。

加熱すると、通常のウェルシュ菌は死滅しますが、
芽胞は、カレーの鍋の中で長時間煮込まれても生き残ってしまいます。

でも、この芽胞が食中毒を起こすわけではないんです。
この芽胞のままであれば人体に危害を及ぼすこともなく、増えもしません。

じゃあ何が危険かというと

いったん加熱カレーが、徐々に温度が下がってきて、
ウェルシュ菌が好む温度になってくると、
この芽胞から「発芽」して菌が出てきて、急速に増殖を始めることです。

よく「一晩寝かせたカレー」はおいしいと言いますが、
食中毒が起こる危険も高いので注意が必要です。

再加熱しても、ウェルシュ菌が大量で殺菌しきれなかったり、
カレーはどろどろしているので、中の方まで熱がうまく加熱殺菌が
できなかったりするわけです。

残ったウェルシュ菌入りのカレーを食べて、
食中毒を起こすわけです。

カレーの保存方法

それで、ウェルシュ菌が好む温度というのは、
だいだい40~50℃
(詳しく言うと43~47℃)

従って、

40~50℃の温度帯で、長時間カレーを放置しないということが、
菌の増殖を抑えます。

カレーが残ったら、

◎できるだけすばやく粗熱を取ること。

・カレーが入ったなべを氷水につける

・大量に残っているのであれば、冷めやすいように
タッパーとかに小分けにして冷やす

・保冷剤で冷やす  など

◎粗熱をとったら、すぐに冷蔵庫で冷やしてください。

残ったカレーをすぐに冷やして、ウェルシュ菌が好む40~50℃
を素早く通過して冷蔵保存すれば、翌日、翌々日くらいまでは、
問題ないと思います。

ある人の書き込みでは

大量にカレーを作ったときは鍋ごと水につけて
なるべく手早く冷まして30度から50度ぐらいの温度帯を
通る時間をなるべく短くして冷蔵庫に入れておきます
こうすれば一週間は全然腐りません
作ってからってからすぐに冷まして冷蔵庫に入れれば一週間は持つと思います

食べられないことはないでしょうが、味の面からも1週間は長いと思います。

(私も、1週間もたせて食べたことはありますが・・)

基本的には、翌日には食べきった方がいいと思います。

1週間もたせたいなら、すぐに冷凍保存をしておいた方が安心で、
味の面でも美味しく食べられると思います。

再加熱するときも、念のため、よくかき混ぜながら、
中の方まで十分に加熱殺菌するようにしてください。

まとめ

◎残ったカレー、冷蔵庫で保存は、翌日までが望ましい。
それ以上になる場合は、冷凍した方がいい。

◎また、残ったカレーを保存する場合、
できるだけ速く冷やして、冷蔵庫に入れた方が、
菌の繁殖を抑え、食中毒の予防にもつながります。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク