自律神経も交感神経も副交感神経も、存在しない神経だった!

自律神経ってよくテレビとか雑誌で紹介されていて、
自律神経には交感神経と副交感神経があって
車でたとえると、アクセルとブレーキみたいな説明されますよね。

順天堂大学医学部附属順天堂病院の小林弘幸先生は、
自律神経関係の本をたくさん書いているので、書店でよくみかけます。

(でも、今は書店にはあまりいかないか・・)

で、この自律神経に関係して、最近ショックなことがわかりました。

それは、「解剖学的には、自律神経という神経はない!」
ということ。

従って、交感神経という神経も、副交感神経という神経も
からだの中には存在しないって言うこと。

「え~どういうこと?」
って思うかもしれません。

つまり、
交感神経、副交感神経というのは、神経の機能(働き)の分け方で、
どっちも同じ神経。

死んだ人間を解剖しても、「これが交感神経、これが副交感神経・・」
って取り出すことはできないってこと。

私もそれを知ったときは、唖然としました。

長年、交感神経っていう神経、副交感神経っていう神経がありものと
疑いもしませんでした。

そう、コレステロールもそうでした!

悪玉コレステロール、善玉コレステロールって言われていますが、
その働きの違いで分けてるだけで、
あれも、実はどっちも同じコレステロールだったんです。

これを知ったときも、ショックでした。

悪玉コレステロールっていうコレステロールがあるものだと
信じて疑いもしませんでした。

もう一度繰り返します、
交感神経という神経、副交感神経という神経は存在しません。

じゃー、この存在しない神経の働きを高めるにはどうしたらいいの?
って言う疑問がわきます。

その答えです。

「迷走神経」って聞いたことがありますか?

これは脳から直接、肺や心臓や腸などの内臓の方につながっている神経で、
迷走神経は実体があります。
解剖すれば、これが迷走神経っていう神経が取り出せます。

で、迷走神経は主に副交感神経的に働くので、
迷走神経の刺激することは、副交感神経の働きを高めます。

現代人は、ストレスで交感神経が優位になっています。
なので、この迷走神経を刺激することで、
副交感神経の働きを高めて、バランスをとり、
ストレスに対応します。

迷走神経と副交感神経の違いが曖昧でしたが、
今回わかりました。

迷走神経は実体がある。
副交感神経は、その機能。

これからは、自律神経のことを正しく認識しましょうね。

スポンサー
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク